« 独りランチ と 美味しいパン | トップページ | 自由が丘ランチ »

2006年6月22日 (木)

天然酵母って?

このblogを読んでくれているお友達から

「ちびたが作っているパンの天然酵母って何?」「詳しく載せて」という意見を何人かから頂きました

ありがとうございますm(_ _)m

パンを作るにあたって「イースト菌」の力で小麦粉を膨らませる事はご存知だと思います

イースト(酵母)を化学的に培養したドライイースト、生イーストではなく科学物質をまったく使わない「天然酵母」を使ってパンを作るのが「天然酵母のパン」です

「天然酵母」については「こちら」を読んでいただければ詳しく書いてあります(#^.^#)

自然食ブームで評価されている「天然酵母のパン」ですが

私は自然食ということで「天然酵母」に入ったわけではありません

初めは皆さんと同じように「天然酵母のパンて何?」という疑問から

以前から自己流にイーストを使ったパン作りをしていましたが

一度「パン教室」へ入って基礎から学んでみたいなぁ 

そうだ どうせなら「天然酵母」を扱うお教室で習ってみよう

そんな気持ちで始めたのがきっかけです

以後 私がはまってしまったのは、やはりパンの美味しさ

イーストで作ったパンのように ふわふわぁ って感じはありませんが

俗に言う「噛めば噛むほど小麦本来の美味しさが‥」というソレです

それと、短時間で作り上げてしまうイーストでのパン製法は私には忙しく感じてしまうのです

天然酵母は時間がかかって大変じゃない? とよく言われますが

いやいや 私はこの 一次発酵に6時間~12時間(設定温度で時間も変わる) とかいう時間配分が気に入ってるのです

「生種」を作り始めてパンが焼きあがるまでの工程は三日程かかります

でも、一度「生種」を作ってしまえば、それを冷蔵庫で二週間保存できます

「さぁ 漬物つけてみるか」そんな感じで「生種」を作っておきます

パンが焼きたくなった時は冷蔵庫からその「生種」を取り出してきて

小麦粉を計り、塩や水等を計量して混ぜるだけ

捏ねはフードプロセッサーに任せます

とっても楽チンです

パン生地を手で捏ねたり叩きつけたりしません(もちろん手捏ねでも作れます)

捏ね上がったパン生地はボールに入れて発酵させます(これが一次発酵)

朝ここまでやって出かければ帰宅後には一次発酵が終わってます

又 夜寝る前に捏ねておき 少し温度を低くして発酵させれば朝には一次発酵が終わってます

それからは普通のパン作りと一緒

分割して、ベンチタイムを取り、成形、二次発酵、焼成 と進んでいきます

マイフォトに新しく「天然酵母種」の写真をアップさせました

ここでは「生種」作りから「捏ねる」までの工程しか載せてませんが

来週またパンを作るときにその先の写真も撮ってアップしていきたいと思ってます

待っててね(^。^)

|

« 独りランチ と 美味しいパン | トップページ | 自由が丘ランチ »

コメント

いつ見てもおいしそう~
天然酵母パンを売ってる店は何か特別わかりやすく値札に書いてあるのかな。
ちびたさん、パンの宅配便しませんか~

投稿: エメロン | 2006年6月29日 (木) 11時40分

ちびたです
マイフォトの「天然酵母種」のページを更新しました
山形食パンの作り方を載せました
まだまだ不出来な私のパンですが興味があったら覗いてください(^。^)

投稿: ちびた | 2006年7月 9日 (日) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 独りランチ と 美味しいパン | トップページ | 自由が丘ランチ »