« 午後の散歩路‥ | トップページ | クスクス »

2006年9月16日 (土)

La vie en rose

今日も午後からモンマルトルの丘へ上がる
昨日と違ってお天気も良い
綺麗な住宅街を抜けると観光客が集まっている界隈にでた

120_2070

ここが「ラパン アジル」‥ユトリロの代表作でもある画のモデルになったバーである
ユトリロの画では白の世界で書き上げられていたので、てっきり白い建物なのかと思っていたが
綺麗なピンク色のかわいい家だった
画のイメージとは違ってあまりにも明るい雰囲気なので何故か少しがっかりしてしまった(#^.^#)


その目の前に「クロ・モンマルトル」の葡萄畑があった
パリ市で唯一の葡萄畑だ

120_2063

ここも小さいとは聞いていたけど‥ ほんとに狭い一画で驚く
町内の盆踊りができる公園ぐらいの広さだ(#^.^#)
それでもなだらかな斜面には、たわわに実った葡萄の木がお行儀よく列を作っていた

120_2065
ここで取れるワインはその生産量の少なさからかなりの値段だと聞いた


石畳の小路は曲がるたびに表情を変え旅人を飽きさせない
急な階段の遥か向こうに見えるパリの町並み
美しい。。。

120_2074

120_2051

120_2078

モンマルトル博物館のお土産ショップに入って気に入ったカードやポスターを数枚買った
ポスターは「Musee de Montmartre」で催された展示会用ポスターの余りのようである
そのポスターの出来の良さから商品として売られているみたいだ
これはここでしか買えないな(^^)素晴らしい絵画のモノを数点選んだ
額に入れて壁に飾ったらどこかのカフェやレストランみたいで素敵かも(^。^)
サクレクール寺院までくると さすがにすごい人混み

120_2083

120_2080

初めてパリへ来たときもここへ来た あの時も感動したけど 今もやはりここからの眺めに心が踊る
パリへ来たんだぁ って感激できる場所である(#^.^#)
広場ではオルゴール弾きのマダムがシャンソンを歌っている

120_2090

人垣に混ざって聞いていた
一曲終るとブラボーと声をかけチップを渡す人々
シャンソシエは小さな子供にキャンディをあげていた
つぎの曲はLa vie en rose(薔薇色の人生)大好きな曲
聞いていたら涙が溢れてきた 
歌い終わったシャンソニエが「マダムどうしたの 何故泣くの?」と言って私にもキャンディーをくれた
だって仕方ない 胸が熱くなってしまったのだから。。。

120_2086

120_2091

120_2096

121_2105

121_2102

120_2027

再び坂を下りて午後の散歩を楽しんだ
明日は研修最終日だ 
もう終ってしまうのか と少し残念に思う

アパートへ戻ると家中いい匂いで包まれていた
そう 今夜はジーナが腕を振るうクスクス料理の日
夕飯が楽しみである

|

« 午後の散歩路‥ | トップページ | クスクス »

コメント

充実した日々を過ごしてるね♪

写真がすごくいい!素敵だね!
クリックして大きくしたら、
わたしもそこにいる気分になっていた

プリントして額に入れてい~かな♪

投稿: エメロン | 2006年9月20日 (水) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 午後の散歩路‥ | トップページ | クスクス »