« 皆で食べるともっと美味しい | トップページ | Canal Saint Martin »

2006年9月17日 (日)

研修が終って‥

今日は日曜日
昨日とは打って変わって町の中は静まりかえっている
お店も翌日が休みなので作る料も少ないようだ
シェフのバジャマンが「ちびた おいで」と一階のバゲット製作場へ上げてくれた
寡黙な職人さんが一人でバゲットを作っていた

121_2124_2

121_2123_2

「今日はここでやっていいよ」そう言ってくれたバジャマン
だけど職人さんは私に目もくれず仕事に打ち込んでいる
プロの現場の厳しさを垣間見た気がした
ふと硝子越しの店に目をやるとバゲットの籠にはもう残り数本しか入っていない
昨日捏ねて発酵させておいた生地が地下から運ばれてくる
それを機会で分割
ひとつひとつを分けて機械に入れバゲット型にしていく
次から次へと焼きあがっていくバゲット
興味深く見ていた

121_2125_2

121_2126_2

121_2133_3

121_2127_2

121_2128_2

思い切って「ジュプゥ?」(やらせて)と言ってみたら寡黙な職人さんが始めて声をだした
「オララァ‥」何をいってるんだこの子は という感じだ
ただひたすらボーっと突っ立って見学していた
バジャマンが忙しく上がってきて「ほらっ こうやるんだよ」と手ほどきしてくれた
すごく簡単そうに楽そうに見えたその作業が実はとても大変で難しい事を身をもって体験した
すごい 職人さんて‥
そして、あれもやりたい これもやってみたい と思っていた自分の傲慢さに気がついた
地下の作業場へ降りてバジャマンに礼を言った「メルシィ やらせていただいてありがとう」と

最後に研修終了書を頂いたPhoto_155
たった5日間だったけどパン作りの大変さ パン作りの喜び 意気込み
ほんの少しでもわかった気がした
これは私の大きな財産だ
忙しい現場で チョロチョロ動く私に嫌な顔ひとつせず協力してくれたスタッフの皆さん
プロを志して頑張っている見習いの皆さん
本当のありがとうございました
貴方方の大きな優しさと真心
ちびたは一生忘れません

121_2135_2

192

すっごく勇気を持ってトライしたこのプチ留学
来てよかった 心からそう思える幸せをかみ締めて、これからの人生に生かして行きたいと思います

121_2194 121_2195

粉だらけになった ちびたのローファ(^。^)

|

« 皆で食べるともっと美味しい | トップページ | Canal Saint Martin »

コメント

ちびたさん。
研修本当にお疲れ様でした。
ブログを拝見してこの5日間の心の葛藤と、ちびたさんの頑張りが伝わってきました。
言葉の違うこの外国でフランス人に囲まれて本当に大変だったと思います。
とっても大変だった研修・・・でも、ちびたさんの心にヒトカケラの宝石が生まれた様にも思います。
また、ブログを拝見し、私も教えられました。
頑張る事は簡単では無いけれど、頑張ったとき得られる小さな喜びを感じて行かなくては・・・って。
今回研修を受けてくださったお店の皆も、きっとちびたさんの努力に感動された事でしょう。
みんながちびたさんを心から受け入れ愛してくれた5日間だったと思います。
パン作りは技術では無く、理論でも無く・・・粉を愛する人々が愛情を持って必死で作り出している。
私が研修に来られる方に一番伝えたい事です。
本当にこの度は弊社の研修プログラムに参加してくださり有難うございました。事足りないお世話で申し訳無く思いますが、このご縁を大切に・・・これからも宜しくお願いします。そして又、靴を粉まみれにしに来てくださいね。そして今度は我が家へも遊びに来てください。又会えるのを楽しみにしています。本当に有難うございました。

投稿: yoshimi | 2006年9月21日 (木) 02時18分

yoshimiさん
暖かいコメントありがとうございます
日本へ戻ってもなんだか忙しく日々が過ぎていってます
スーツケースから出てきた粉だらけのエプロン
あぁ 懐かしい香りがする って思いました
本当に素敵な体験をさせていただき感謝しております
次回はyoshimiさんのお宅へ?
えっ いいんですか(^^)
社交辞令ではなくって本気にしちゃいますよ
それを楽しみに絶対またパリへ行きます
お世話になったお店の方々を初めスタッフの皆様方にくれぐれも宜しくお伝えくださいm(_ _)m

投稿: ちびた | 2006年9月25日 (月) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 皆で食べるともっと美味しい | トップページ | Canal Saint Martin »