« 研修先は‥ | トップページ | 忙しい一日・・・ »

2006年9月 3日 (日)

Parisのパン屋さん

パリのパン屋さん(ブーランジュリー)

日本でも有名な「PAUL」や「メゾンカイザー」も美味しいけど

パリで入った美味しいパン屋さん

117_1780

Poujsuran(プージョラン) お店の前まで来たら

突然お空が真っ黒になって夕立にやられた

懐かしい思い出

雨の中 買ったばかりのパンを大事に抱えて走ったけ(^。^)

マカロンやカヌレも美味しかったなぁ。。。

そして 朝食が美味しくて評判の

Le Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)

117_1766

BIO(ビオロジック:有機栽培)のパンのお店

私たちはランチタイムに訪れた

籠盛りパンと野菜たっぷりのプラ(主菜)

ケビンがここのビネガーがとっても気に入って

サラダを美味しい 美味しいとほうばっていた

買ってくればよかったねぇ (^。^)

雰囲気もお味も二重丸のお店でした

いたる所にある「PAUL」は本当にお世話になった

私たちはホテルのバカ高い朝食は食べずにパン屋へ走った

また あの美味しいパンたちに逢えるかと思うと

わくわく なのである (^。^)

研修先のパン屋さんも大好きな「ヴィロン社の小麦粉」を使用しているそうだ

大変興味深い

小麦の色や手触り‥焼きたての香り

もうすぐ体験できるのね (^。^)

|

« 研修先は‥ | トップページ | 忙しい一日・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 研修先は‥ | トップページ | 忙しい一日・・・ »