« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

始めてみたよ

以前から興味を持っていた「自家製酵母」

ちびたは今まで「ホシノ天然酵母」というインスタントの酵母菌を使ってパンを焼いていた

でも、いつかは自分で酵母をたててみたい って思ってた

9月にパリへ研修に行って

その時は生イーストでの製パンだったけど

コーディネートのYoshmiさんと出会って

自分で作る天然酵母の面白さやこだわりを改めて聞かせていただいた

これはなんとしてもトライしたい

でも、どうやって作ればいいのだろう。。。

ネットでも、販売されている本でも 沢山の情報が得られる今

ちびたが選んだのは 高橋雅子(著)の

『 こんなに簡単だったんだ!マイペースで楽しく続けられる

「自家製酵母」のパン教室 』

という なんとも長いネーミングの単行本だ(#^.^#)130_3085

とにかく初めてやるわけなので

写真つきでわかりやすいものがいい

と、amazonで本を取り寄せ じっくり読んで

酵母エキスおこしを始めてみた

材料はオイルコーティングしていないレーズン

先日 新宿のクオカでいろいろ見たら

いつもクグロフを作っているときに使用しているグリーンレーズンが良さそうだ ということがわかった

130_3045 さっそく本の通りに熱湯をかけて消毒した瓶にレーズンとミネラル水を入れてみた

500mlの瓶も丁度良いのがなくってわざわざ買ってきた

130_3048

新しいミネラル水を開けて瓶に注ぎ

レーズンも計って入れた

130_3050_1

レーズンから酵母エキスが出来るまで

夏場で3日程 冬だと10日程

「ホシノ天然酵母自動発酵器」を使うと4日程で出来ると書いてあった

せっかくあるのでこれを使う

本に書いてあった通り500mlの瓶がすっぽり入る130_3051_1

二日目の様子

レーズンが膨らんでいる(^^)

三日目の様子130_3053_1

シュワシュワしてきた!

なんかイイ感じだ

明日には出来るのだろうか(^。^)

四日目

自動発酵器から取り出してみると‥130_3079

ガ~ン!!!

カッ カビが生えている

(゚▽゚;)

なんてこったぁ

しょっぱなから失敗してしまった

原因は‥

思い当たること

それは 「瓶はスポンジで洗わないでください 雑菌がつく可能性があります」というところだ

おろしてまだ新しかったスポンジだったから大丈夫だろうと

どうせ熱湯かけるのだし

なんて甘く考えていたのがいけなかったのか‥

ん~ん それにしても スポンジってやっぱり雑菌の巣なのかぁ。。。

めげずにもう一度トライ

酵母エキスが出来上がっても その後全粒粉と混ぜて数日間で発酵させて 始めて酵母種ができます

それを使ってパンを焼いていくのです

先は長いぞ(^^)

気を長くして取り掛かってみよう

| | コメント (12)

2006年11月25日 (土)

土曜日の過ごし方‥

130_3020_1

土曜日は だいたいケビンとお買い物に行く(^^)

今日はケビンの希望で

「みなとみらい」クイーンズスクエアにあるL・L・Beanに行ってきた

お外は青空が広がっていた

地下鉄駅を出てすぐのレストランで軽くランチを摂った

130_3008_1 130_3007_2

130_3010

130_3013

朝が遅かったのでワインを飲みながら

パスタとフィッシュ&チップスを二人でシェアする

なんでニューヨークレストランでフィッシュ&チップスなんだろうね(^。^)

吹き抜けの広場で少し寒かった(#^.^#)114_1447_1

「アット!」の2階にあるお店

我が家のくー太とおんなじわんこが居る

足を運ぶ度にご挨拶する(^^)

こちらの看板犬 わんこはちびっこ達にも人気者

みんなにぎゅ~されて もうぺったんこ

ベトベトになっていた(^^ゞ

130_3024_2 なんだかお顔も疲れ気味だね

わんこ 頑張れ

また来るときまで元気に看板犬していてね(^。^)

ここでくー太へお土産のTシャツを買った

それから いろいろお買い物をして

横浜に戻り 友人たちと待ち合わせ

ひさびさ居酒屋に行く

130_3025 130_3028 130_3032_1 130_3035_1

昔からの友人との酒の席は

妙に心が和むねぇ(^。^)

お互い「酒が弱くなってねぇ」なんて言いながらぐいぐい呑んでいた(#^.^#)

はい くー太くんのお土産Tシャツです

どう? 似合うかな? 

くー太 暖かくってよかったね

130_3039 130_3041 130_3043 125_2543 125_2552

| | コメント (2)

2006年11月23日 (木)

めずらしく手芸‥

昨日 新宿へ出た帰りに四谷三丁目にある「東京堂」へ寄った

フラワーアレンジメントの先生に教えてもらったアートフラワーの専門店

ちびたは紫陽花のドライフラワーが欲しくて行ってみた

各階に別れてたくさんの花材が所狭しと並べられていた

どうみても一般の方?ってお客様が

スーパーのカゴにいっぱい品物を積んで買っているのには驚いた

紫陽花のドライフラワーとモスを片手に持って並んでいるようなのは、ちびただけ

これだけ買うのにエラク並ばされてしまった(#^.^#)

すごいなぁ みなさん。。。129_2980

で、今日はそれとお花屋さんで買ってきたユーカリと

名前の知らないもうひとつの植物で

トイレに掛けてあるコルクボードの淵を飾ってみた

129_2990_1 129_2993

どうかな?(#^.^#)

ちびたにしては上出来?

ちょっとバランス悪いかな?

モスはけっきょく

パラパラ落ちてしまうので使えなかった

129_2999

先日 ラックに作った「フラワーアレンジ」もお花が枯れてきたので 壊して

ドライにできるものだけで

小さなブーケも作ってみた

そうそう

ワインのコルクがこんなに貯まった

これで何か作れるかしらん。。。(^。^)

129_2981 129_2982

| | コメント (0)

2006年11月22日 (水)

おもいきりアフリカン

先日の「Bonne Apetiteの会」で知り合った のぐのぐ(Nさん)と新宿で会うことになった

彼女が予約してくれたお店はアフリカ料理店(^^)

私たちがパリでステイしていたお宅がアルジェリア出身のご家族で

アフリカ料理に興味を持ったからとのこと129_2963

私も大変興味があるので喜んで出掛けた

西口にある「ローズ・ド・サハラ」というお店

サハラ砂漠の薔薇? (^。^)って思ったら

なんでも、サハラの大地に産する鉱石のことらしいです

店内はこんな感じ

開店直後だったのでまだお客さんは私たちだけだった

129_2962 129_2968 129_2961

129_2960_1

今のうちに写真を撮らせて欲しいと申し出ると

店長さんらしき男性が快く応じてくれて

お店の説明もしてくださった

冷蔵庫から本物の「ダチョウの卵」を出してきて持たせてくれた

129_2964 ずっしり重くって

とっても固そう

冷蔵庫に入っていたのでかなり冷たかった(#^.^#)

メニューにはダチョウの卵を使ったお料理も並んでいた

そうそう こういうお店につき物の芸能人ご来店の写真に「ダチョウ倶楽部」さんが載っていたのには笑えた(^^)

メニューにはダチョウの他にワニ肉やカンガルーもあった

中でも興味を持ったのは「ダチョウの砂肝サックリ揚げ」(^^)

砂肝好きな方は是非トライしてみて ちびたに感想聞かせてね(^0^)

129_2971 129_2972

先ほどの店長さん(と決め付けているが)が丁寧にメニューの説明もしてくれた

写真付きなのでとってもわかりやすい

私たちはランチの「北アフリカセット ¥1200」と「牛肉とほうれん草の激辛シチュー ピタパン付 ¥1260」を選んで二人でシェアすることにした

しかし メニューを見ていると面白い・・・

ダチョウのタタキ ってどんなんだろう。。

オーダーする勇気はないけど 見てみたい気もする(#^.^#)129_2969

まずはアフリカのBeer

けっこうライトで飲みやすかった

像のラベルってとこがなんともアフリカンね(^^)

店長がサービスで出してくれたチュニジア・タジン

129_2970 シーフードとチーズが入ったオムレツみたいなもの

辛いソースがまた美味しい

私たちが興味津々に質問するので

店長さんも気を良くしてくれたみたいだ(^。^)

次は「北アフリカセット」の前菜 ブリック (ツナ・チーズ・卵入りジャンボ揚げ餃子)

二つに割ったら とろ~り 黄身が流れてきた

129_2973 129_2974

どちらも日本人に好まれる味だと思う

129_2975 「牛肉とほうれん草の激辛シチュー」はホントに辛かった(^^)

辛さ 押さえられますよ と言ってくださったけど

「そのままでいいです」ときっぱり言ってしまった

ビールが進んじゃいます(^^ゞ

辛いけど 美味しい

そして クスクス

ジーナ(パリでのホストファミリー)の家で食べたものとは又違っていて

これも美味しかった

ジーナのクスクスは羊肉を使っていたし、クスクス(小麦の粉)ももう少し荒かった

味付けもさっぱりしていたが、こちらのお店のはチキンを使い

クスクスもサフラン味

野菜の煮込みも味付けが濃く

たぶん こちらの方が日本人に好まれると思う

ちびたはどっちも美味しかったけどね

いつの間にか店内も混んできた

隣に大学生さんらしいグループがアラカルトでいろいろなお料理を頼みだした

ふ~ん 美味しそうだ

今度大人数で来てみたいな(^^)

のぐのぐは私がパリを発ったほんの数日後に同じ研修を受けにパリ入りした

なので、二人で当時の情報交換を楽しんだ

ふわっ としたかわいらしい方なのに芯はしっかりされている女性のようだ

お話ししていてとても楽しかった

お店を出て、三越の地下にある「クオカ」へ二人で行った

お互い パン材料等を仕入れて別れた

また 是非お逢いしましょうね

今日は素敵なお店を紹介してくれてありがとう

(^。^)

| | コメント (5)

2006年11月21日 (火)

そろそろ出番だよ

ちびたは旅行先で食器を買い集めるのが大好き

重いのも忘れて つい買ってきてしまう‥

帰りの手荷物は大変なことになるのだ

これはスイス ツェルマットで買ったベルン焼きの食器

129_2941_1 129_2948 129_2949

一枚一枚手書きで全部絵が違うシリーズ

大きなサラダボールからミルクカップ、スープ皿、マグカップ等

たくさんの種類が並んでいた

いったいどの形のどの絵にしようか

すんごく迷った

何度もお店に足を運んでは考えた

そう。。。ケビンがインフルエンザにかかってホテルでうなっていた間に(#^.^#)

結局 この他に違う形の違う絵のお皿をあと5枚

計 大小10枚のお皿をデイパックに担いで持って帰ってきたのだ

残りのお皿達はケビンの実家にある

冬が来るとこのお皿たちの出番がやってくる

お休みの朝はパンやサラダを乗せて活躍してくれる

「山は雪だよ~~」って声が聞こえてきそう

そろそろスキーのワックスをかける時期だね

そして こちらは全然出番がない食器たち

129_2953 129_2955 129_2956

トルコ イスタンブールで買った大皿にサラダボール

軽石のように軽い陶器

サラダボールは洗っててみごとに割れた

とても悲しかったのでアロンアルファでくっつけて飾ってある

イスラム系の模様がすごく気に入ってるけど

実用性にかけている食器なのだ(^^ゞ

お気に入りのものは

スペインやイタリアで買ったきた明るい柄の食器たち

地中海沿岸の明るい配色やかわいい形が好きで

日常的に使っている けど

これもボーンチャイナではないのですぐに欠けそうだ(#^.^#)

129_3000 130_3003

| | コメント (0)

2006年11月20日 (月)

おでんくん

今日は寒いですね

お夕飯は おでん です

きっと明日も、明後日も‥(#^.^#)

だって こんなにあるんだもの

129_2933 どうも お鍋とか おでんとかって

具材を入れすぎて二人家族では食べきれないほどになってしまうの(^^ゞ

この後、はんぺんも入れなきゃいけないし

ソーセージもあるんだよなぁ

練り物もまだ半分残ってる‥

だれか食べに来ない? (^。^)

家でおでんを作る時 わざわざロールキャベツなんて作らないけど

先日ハンバーグの残り種を一口サイズに丸めて冷凍しておいたので

それを使って入れてみた

おでんのロールキャベツって人参やしいたけ、エノキとか入れるよね

普通のハンバーグ種でどうかな?

と思ったけど けっこうイケタヨ(^^)

おでんの具で一番すきなのは何?

やっぱり大根かなぁ

ちびたは くたくたに煮えた「ちくわぶ」がけっこう好き

あと「ガングロたまごちゃん」なかなかガングロになってくれないんだけどね

ケビンは「はんぺん」に「野菜天」だって129_2937

うん 「はんぺん」も外せないよねぇ

「がんも」も外せない

今回は銀杏入りがんもです(^^)

だから‥ 具がどんどん増えていってしまうのだ

ははっ…。(^.^;)

でも、翌日のおでんも美味しいよね

| | コメント (4)

2006年11月18日 (土)

秋の夕陽に‥

美味しい「秋」をいただきに

今日は秋川渓谷のほとりにある「黒茶屋」へ行ってきた

_2

予約時間は14時

その前に奥多摩あたりをドライブしようと思っていたけど

朝のんびりしすぎて、結局予約時間の少し前に到着した

お食事の前に少し散歩したら

_4 _3 _1_1

128_2835

「黒茶屋」の敷地内は少し紅葉していた

渓流の音を聞いていると心が安らぐね(^^)

さてと、お腹もかなり空いてきました

お店の中に入りましょう

_5 _6 _7

古い庄屋屋敷の店内は天井も高くて素敵な空間だった

お料理は「炭火焼と山里料理」

食前酒に このあたりで取れた梅で作った梅酒がちょこんと付いてきた

今日は車で呑めないケビンに付き合って、ちびたもお酒なし

でも この梅酒だけはケビンの分も頂きました(^^)

Photo_54 Photo_55 Photo_56

前菜はどれもとても美味しかった

秋の味覚がいっぱい詰まった玉手箱

Photo_163

追加料理で頼んだ

「自然薯のかわり揚げ」

ん~~ん 酒がほしくなるねぇ ケビン(^^)

Photo_57 こちらはきのこ汁

旨い!!

きのこの出汁がいっぱい出てて 本当に美味しかった

身体が温まる一品

しかし 目の前の炭火と足元の床暖房でかなり暑かった(^^ゞ

Photo_58 メインの炭火焼の食材も運ばれてきました

じっくり ゆっくり 焼いて‥

ん~~ん やっぱり酒がないと間がもたないね(#^.^#)

Photo_59 Photo_60

お魚は山女 こんがり焼けて美味しい(^^)

お肉もやわらかくって美味しい(^^)

肉厚しいたけも美味しい(^^)

この後、揚げ物と酢の物

しめじご飯 お味噌汁がでてきました

128_2880 舞茸とじゃが芋の大葉巻きと

あけびの天ぷら

あけび ほんのり苦くって美味しかったよ

デザートは無花果が入ったジュレ128_2884

さっぱりしてました

お腹い~っぱい(^^)

食事が終って外へで出るともう陽もかげっていた

おみやげ処の「水車」へ急ぎます

Photo_61 _8

こちらで「一味唐辛子」と「絵葉書」を買いました

再び車を走らせ‥

檜原村へ急ぎます

もう陽は傾き始めひんやりとした空気があたりを包み始めました

車を止めて、遊歩道を歩くと なんともいい感じの建物が‥

ここは元郵便局だったかわいい雑貨屋さん

森のささやき_1

中には木工細工の素敵なものがいっぱい

郵便局だった名残の看板や

扉の上の電球も素敵

入り口前に置かれた双眼鏡からは

向こうの斜面に流れ落ちる大滝が見えました

_2_1 _3_1

ずいぶんと寒くなってきたので

「払沢の滝」まで行くのは止めて

遊歩道の入り口にあったギャラリー喫茶「やまびこ」で珈琲を飲むことにしました

Photo_62 Photo_63

Photo_64

赤々と燃える薪ストーブ

陶芸作品が並ぶ店内

実はここに来たのも二度目

この真ん中にある「赤い実のマグカップ」

前回買いそびれて ずっと後悔していたの

ケビンも気に入ってくれて記念に買ってくれました(^。^)

美味しい珈琲をゆっくり飲んでいたら

あたりはすっかり暗くなってしまった

本当はこのお店の窓から見える景色が

一枚の画のようで素敵だったんだけど

他のお客さんがいらしたので写真は撮りませんでした

これも次回の課題として 又来なくっちゃね(^^)

Photo_65

美味しいお豆腐屋さん「ちとせ屋」で

枝豆豆腐と油揚げ

うの花ドーナッツを買って

帰り道 「キッコーゴ」のお醤油も買った

そしてまた渋滞にはまりながら‥

ゆっくりケビンとお話ししながら家路へ向かいました

買ってきたお土産たち(^^)

Photo_66 うの花ドーナッツは豆乳とおからで作ってあります

ほんのりと豆乳の香りがして

やさしい甘さでとても美味しかったPhoto_67

半日で忙しく回ったコースだったけど

秋をいっぱい感じられてとても良かった

今度は春にまた 山菜料理も楽しみに行きたいね

| | コメント (4)

2006年11月16日 (木)

人生は素敵

昨日はひさしぶりにミュージカルを観にいった128_2829

劇団四季の「壁抜け男

パリのモンマルトルが舞台になった

フレンチミュージカル

マルセイユ・エイメ原作の小説をミュージカルにしたもの

主役の石丸幹二さんの演技が素晴らしかった

カーテンコールの後に、出演者総出でアカペラで歌ってくれた

「人生は素敵 人生は最高」

心に響きました

120_2093 120_2094

こちらはパリのモンマルトルにある「壁抜け男」の彫刻

この名作は今でもフランス人の心に残っているのですね(^^)

さてさて 良い作品を見た後はお腹のほうも満たしてあげたくなります

でも、ちょっと夕飯の時間には早かった

丸の内まで出て「VIRON」で軽く乾杯

128_2811 128_2812

その後、同じビルの二階にある128_2815_1

バル・デ・エスパーニャ ムイ」へ行ってきました

長いカウンターの一画に座り

暮れなずむ丸の内を眺めながら

スペインワインで再び乾杯

ハモンイベリコや魚介類のマリネ

128_2818 128_2819 

ハモンイベリコのクリームコロッケにイカの墨煮

128_2823_1 128_2824_1

そして、フォアグラのコロッケにイベリコ豚の炭火焼き

128_2821_1 128_2822_1

最後はやはりパエジャ

アンダルシア風のウサギとかたつむり入りを

128_2825

いっぱい食べて

いっぱい飲んで

いっぱいお話したら

もう20時過ぎ

慌てて帰って、ケビンの夕飯を作った ちびたであります

ダーリン 私だけ美味しいもの食べちゃってごめんね (#^.^#)

| | コメント (0)

2006年11月12日 (日)

素敵なお住まい

6_3 借りっぱなしになっていたスーツケースを返しに

Hanaのマンションまでケビンと出掛けた

Hanaの自宅へ行くのはこれで4回目

なかなか素敵なマンションなのだ

128_2806 128_2807

ウッドデッキのパティオに共有スペースのラウンジ

玄関でスーツケースを返したらすぐに失礼するつもりでいたけど

Hanaがお茶に誘ってくれた

愛犬のタンタンとパトが迎えてくれた(^^)

美味しい珈琲とメゾン・ド・ショコラのマロングラッセを頂く

9 マロングラッセは食べたことがなかったのでとってもハッピーだった

お外は雨模様‥

だいぶ小降りになってきたようだ

心地よい空間で珈琲すすりながら時を過ごす‥

Hana 素敵な時間をありがとう (^。^)

で、許可を得て 今回は彼女のお宅をご紹介しますね

1_1 2_1 3_1

アンティーク家具でコーディネートされている

ダイニングルーム

白と茶を基調としたリビングルーム

壁に飾られている画は、ちびたのParisのお土産

スタンランのChat Noir(黒猫)

こんな素敵に額装してくれて嬉しい(^。^)

それではアンティーク家具の一部を紹介しましょう

4_2 7_1 8_1

テーブルの足や椅子の背もたれ 素敵でしょ

リビングのソファサイドも彼女らしいこだわりが‥

5_1 タンタンもリラックスしちゃうよね(^。^)

128_2803

こんなお宅で美味しいお料理いただけるご主人は幸せね

次回は、ダーリンが居る時にゆっくりおじゃまさせてね

タンタン 写真が撮れなかったパト それまでバイバイ(^_-)

| | コメント (5)

2006年11月11日 (土)

ふらわーあれんじ

今月のフラワーアレンジメント教室は

って 毎月行ってないけど(#^.^#)

127_2721 127_2723

こんなかわいいラックにオアシスを埋め込んで

お花を差し込んで行きます

127_2724 127_2726

一番乗りした ちびたは先生と一緒に材料のお花を配ります

生徒さんが次第に集まり始めて

先生のお手本通りにお花を生けていきます

集中していたので、途中経過の写真はありません(#^.^#)

で、出来上がった作品は‥

Photo_48 Photo_49

左が先生の作品

右が ちびた (#^.^#)

やっぱり先生の作品は「動き」があるよね

それでも自分の作品はかわいいもの(^^)

大事に抱えて帰って お部屋に飾った

Photo_50 Photo_161 127_2748_3

どう? リビングルーム 少しは華やかになったかな (^^)

そうそう テレビ台に置いてある

プリザーブドフラワーのグリーンアレンジ

127_2767 硝子の器にピンセットでプリザーブドフラワーをひとつづつ差し込んでいくらしい‥

らしい‥というのは

その月 お休みして先生に作ってもらった作品なのです(#^.^#)

ちびただったら こんな細かいの出来なかったかも

127_2764_1 お花の根元にはマグノリアの芳香オイルを染み込ませました

蓋を開けるといい~香りがお部屋を包んでくれます

でも、普段は埃かぶっちゃうから蓋したまま(^^ゞ

ゲストをお招きした時だけ開けることにしているの127_2720_2

来月はクリスマスリース

サボらないで行かなくっちゃ(^。^)

| | コメント (0)

2006年11月10日 (金)

Bonne Apetiteの会

Parisでお世話になったYB(Yoshimi Boulangere)の芳美さんが日本へ来ている

昨夜は芳美さんを囲んでボナペティの会が開催された

と‥ その前に新宿伊勢丹で開催されていた「フランス展」へ行ってきた

6階会場はフランスの美味しいものがいっぱい

有名ところのお菓子や食材の他に

フレッシュなセップ茸やジロール茸、根セロリなんかも出ていた

7階会場はワイン売り場となっている

126_2689 126_2695

ここでちょっと食前酒なんかを頂いちゃって(#^.^#)

さてさて 「ボナペティの会」へ急ごう

場所は新宿御苑前にある「ル・ビストロ・ダ・コテ

127_2715_1 フランスのエスプリを感じさせるかわいいお店

メンバーはYBの日本スタッフや関連の方達 芳美さん以外は初対面である

フランスと日本を行き来している方たちに囲まれていると、フランスがなんだかとっても身近に感じて嬉しかった

研修生は、ちびたの他にもう一人126_2696

たまたま同じホームステイ先、同じ研修先(パン屋さん)だったという Nさん

笑顔が素敵な女性

隣に座っていたこともあってすっかり意気投合してしまった

お料理はグラスのヴァンムスー(スパークリングワイン)から始まり

前菜がアルザス地方の料理「タルトフランベ」

126_2697 薄くのばした生地に

玉ねぎのスライス

ベーコン、フロマージュブランをのせて

強火の釜で焼くシンプルな料理

おいしいよん(^^)

赤ワインが配られて‥

次のプラ(一皿料理)はスズキのポワレ

そして「鴨のコンフィ」どちらもとっても美味しかった

126_2699_1 127_2701_1

ススキはふわっと焼けていたし

鴨も皮目がパリパリッ

お肉の味もしっかりしてました

初めて訪れたお店だけど、すごくいい感じ

気に入っちゃった

デセールはミルフィーユ

127_2711 サクサクッ パイ生地に

ココア味のクリームと生クリームがたっぷり

おいしかったぁ

ご馳走様でした

また お気に入りのお店が増えてしまいました(#^.^#)

YBスタッフは明日から大分県へ移動し

「地域の食材活用研修講習会」を開催するらしい

地元の無農薬みかんを使って酵母種を作った

それでパンを作る講習会だそうだ

見せてくださった無農薬みかん酵母

127_2712 ラップから覗くと

ほんのり 蜜柑の香りがした

地元の食材を生かした活動

素敵だな(^^)

近くだったら行ってみたかったな

初めてお逢いした方ばかりなのに、とっても心が和んだ会だった

フランスが好き 美味しいものが好き そんな人たちの集まりだったからかもしれないPhoto_160

Nさんと一緒に 又パリへ行きたいね

なんて妙に盛り上がってしまった

偶然にも同じステイ先だった縁も感じて‥

実現できたら‥素敵だな

ステイ先は‥ 

もちろん 同じ ジーナのお宅へ。。。(^。^)

| | コメント (3)

2006年11月 5日 (日)

街のパン屋さん

昨日 仕事の帰りにパン屋さんへ寄った

茅ヶ崎に住んでいるお友達のお勧めのパン屋さんだ

以前から気にはなっていたものの入ったことはなかったお店

美味しい と聞けばさっそく買いに行っちゃいます

パン ド ナノシュ」かわいい店内には所狭しと何十種類のパンが並べられていた

オープンキッチンになっていてすぐ目の前が工房

Tシャツにバンダナ姿のスタッフ3人が一生懸命パンを焼いている

ふっとParisでのスタージュしていた自分と重なった

懐かしい気持ちが込みあがってきた

いいなぁ こんなところで私も働いてみたい

って 体力ないけど(#^.^#)

ひとつひとつのパンはけっして丁寧に作られているものではないけれど

そこがなんだかフランスを感じさせる

職人の手のぬくもりを感じさせる優しいパン屋さんだ

で、ちびたが今回買った商品は

126_2675 定番 クロワッサン

ケビンの大好物カレーパン

グリーンアスパラが入った惣菜パン

洋ナシの菓子パン  そして‥

126_2677

パン本来の味がわかる田舎パン と 胡桃入り雑穀パン

さっそく朝食に頂いてみた

うん 美味しい しっかり日本の文化にマッチした美味しいパン屋さんだと思う

正しい日本のカレーパン バターたっぷりデニッシュ系 

ちびたの大好きなハード系は‥

126_2685 どっしりした胡桃パン

軽くトーストしていただきました

美味しいよん

何もつけずにこのまま頂きたいパンですね

もう少し酸味があるとさらにちびた好みかも(^^)

そして 田舎パン

126_2686

126_2687

暖めなおした時

ちょっと焦がしてしまいましたが(^^ゞ

最初 そのままで一口

その後サンドイッチにして頂きました

サイトに第二次発酵を行わないって書いてあるけど

なるほど それでしっかりめになっているのかな?

自由気ままに膨らんだ素朴な形

たしかに  かわいい

ん~ん 自分のパン作りにも生かしていきたいな

次回はこちらのパン屋さんで

お友達一押しの「オニオンブレッド」を買ってみよう

日本人に好まれるパン屋さん

いいな こんなお店 持ってみたいな (^。^)

| | コメント (3)

2006年11月 4日 (土)

鍋の季節だね

月初めから体調を壊して仕事休んで寝込んでいた ちびたです(#^.^#)

今日から復帰 といっても午前中のみのお仕事に行ってきました

帰りにケビンと高島屋で待ち合わせ

夕飯はさっぱりしたものが食べたい‥

ってことで ひさびさ「しゃぶしゃぶ」に126_2679

これまたひさびさ「今半」でしゃぶしゃぶ用のお肉をお買い上げ

でも一番安い奴 なので霜降りではなかった(^^ゞ

お野菜たっぷり 酢橘も搾ってポン酢でね

お肉はゴマダレでちょっと一味を利かせてね

126_2684

126_2680

そうそう お豆腐は「男前豆腐」の前身

三和豆友食品の「湯豆腐野郎」を買ってみた

これ おいしい(^。^)

「豆腐屋ジョニー」は何度も頂いているけど

「湯豆腐野郎」は初めてだった

まわりはとろぉりしていて中はしっかりめ

そのままお塩振って食べても美味しいよん128_2827

ちなみに右の写真「豆腐屋ジョニー」の横にあるのは

フグ骨粉入り岩塩 この相性 抜群です(^。^)

我が家は明日も鍋だ

体調もイマイチだし

今度はケビンが風邪をひいたって騒いでいるし(#^.^#)

明日はキャベツとモヤシとキノコいっぱいの塩鍋かな

| | コメント (4)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »