« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

良いお年を‥

今年も残すところ あと二日切ってしまいましたね(#^.^#)

ちびたのこの一年 漢字一文字で表すなら

「忙」ですかね (^^ゞ

公私共に(って あまり仕事してないけど)忙しい一年でした

そして年末の今もまだまだ忙しい日は続きそうです

来年はケビンとふたり ゆっくり生活を楽しむ一年にしたいと思います

それでは 皆さん どうぞ良いお年をお迎えくださいね

ちびたは今日の午後からケビンの実家 仙台へ行ってきます

また 美味しいもの食べてくるからね~

来年こそはダイエットしないとな ブツブツ・・・

| | コメント (3)

2006年12月27日 (水)

ちびたのお土産

136_3674 136_3672

パイナップルやスクガラスは伯母が市場で買ってくれたもの

パインは今時期じゃないけど食べさせてもらったら美味しかったからって4っも買ってくれた

スクガラスは初めてみた 酒飲みにはイイらしい(#^.^#)

136_3673 136_3677

伯母が作った島唐辛子と伯母の家で取れたみかん

136_3676 136_3675

島らっきょうの塩付け

右側は友人から頂いたお土産(^^)

136_3680 136_3681_1

米子焼きのシーサーと

島袋常秀作 珈琲のカップ&ソーサー

136_3684_1 136_3685_1 136_3687

泡盛3本(一本は仙台に送った)と琉球藍のストール

ケビンに買ってもらった海亀のペンダント

お正月は古酒のみながら豆腐よう つまもうかな(^。^)

| | コメント (0)

ありがとう 沖縄

今日でこのホテルともお別れ

寂しいな

とっても居心地がよかった

また 絶対来たい

最後の朝食はメインダイニングで

エッグベネティクトを頂く

Photo

イングリッシュマフィンの上にポーチドエッグとサーモンや生ハムがのったもの

オランディーヌソースをたっぷりかけて

玉子を崩して 絡めて 頂きます(^0^)

Photo_2

美味しいよん

サラダやフルーツいっぱいのヨーグルトも美味しかった

Photo_3

名残惜しいけど ホテルにさよならをして

高速道路に乗り、那覇市へ向かった

免税店でレンタカーを返し

迎えに来てくれた叔父と伯母に会う

伯母とは30年ぶりの再会である

昔話に花が咲いた(^^)

市内のお店でお昼をご馳走になった

Photo_4

伊勢海老ちゃんもシコシコ

ヒレステーキはジューシーでした

その後、国際通りや平和通りを案内してくれる

市場では色鮮やかなお魚や

美味しそう海老ちゃんたちが並んでいた(^0^)

Photo_5

Photo_6

叔父が車で待っていてくれるので

短時間で回れてよかった

その後 首里城へ行く

二人とも初めてだったので大変興味深かった

Photo_7

Photo_8

それから伯母の家 そして叔父の家へお邪魔する

懐かしい話を交わしながらそろそろお別れの時間も迫ってきた

叔父は「玉泉洞」へ連れてってくれたけど

ちょうど閉館時間になってしまった

せっかくなので文化王国を見て周る

最後に「平和祈念公園」に着いた頃はすっかり日も暮れて月が上がっていた

月明かりの下

暗い道を三人で歩いた

ここにはやらてしまった

戦没者の名前が刻まれてる石碑が並ぶ

ずっとずっと向こうまで並んでいる

思わす涙がこみ上げてきた

米軍が上ってきた崖の下は

今では綺麗な波が押し寄せているだけだった

いろんなことを考えた

平和な今が ずっとずっと続きますように‥

世界中が平和になれますように‥

那覇空港へ向かい

叔父と別れる

最後に「いつまでも仲良くね

たまにはケンカして うまくやっていきなさい」

「ちびたを大事にしてあげてね」と微笑みながらケビンに言って帰っていった

これ以上大事にできないよね ケビン (#^.^#)

でも、姪を思う 叔父の言葉には涙が出そうになった

20時15分初の羽田行きに乗って無事に横浜へ戻ってきた

沢山の思い出

素晴らしい自然

暖かい人々

みんな みんな ありがとう 

| | コメント (0)

2006年12月26日 (火)

Qu'il fait bon

今日は良いお天気みたい

日差しが気持ちいい(^^)

Photo_9

Photo_10

エメラルドビーチで拾ってきた貝殻も朝陽をを浴びて綺麗(^。^)

Photo_11

今朝は和定食を食べに行きましょう

Photo_12

ちびたは古代米のご飯

ケビンはお粥

Photo_13

ホテル内は一夜にしてクリスマスから通常モードに切り替わっていた

Img_3539

大きなツリーもステキだったけど

南の島にはお花がよく似合う

135_3594

今日はエコツアーに参加する

楽しみにしていたマングローブ林をカヤックで探検するツアーである

晴れてよかった

ホテルから車で30分

金武町(きんちょう)というところの憶首川(おくくびがわ)河口からスタート

インストラクターにパドルの使い方を教わり

さっそく川へと入っていく

Photo_14

Photo_15

昨日の雨で水が濁っているのと

満潮時で水かさが増していた

Photo_16

136_3626

それでもマングローブの林を縫って進んでいくカヤックは面白かった

ケビンと一緒 いっちに いっちに って声をかけながらパドルを漕ぐ

Photo_17

青空が気持ちいい

途中 マングローブの枝にひっかかってしまったり

そっと幹を傷つけないようにとバックしたり回転したり‥

あっという間に二時間が経ってしまった

今度は海に出てシーカヤックをやってみたいな(^。^)

午後 ホテルに戻りテラスレストランで食事を摂る

Photo_18

ちびたは「ナシゴレン」

Photo_19

ケビンは「ポークカツカレー」

沖縄の豚肉はおいしいねぇ

午後から沖縄に住んでいる友人に逢うことになっている

彼女はご主人のお仕事の関係で那覇にもう5年も住んでいる

今日は車を飛ばしてホテルまで逢いに来てくれた

午後のラウンジ

Photo_20

Photo_21

二人でケーキセットを頂く

Photo_22

Photo_23

ケーキもお紅茶も美味しかった

お土産を渡し合っておしゃべりに花が咲いた

沖縄のことも色々教えてくれた

あっという間に時間が経ってしまった

ロビーまで彼女を見送った

また 逢おうね

今日は来てくれたありがとう 嬉しかったよ

ケビンが待っているクラブラウンジへ戻ると

彼もケーキを食べていた

ついでに苺のタルトを少し頂く

またおデブになっちゃうね

Photo_24

午後の陽を浴びながらお昼寝

今日はお天気はいいけど

風が強くって船がでない

クルーズはまたしてもおあづけ・・・

最後の夜 大きな太陽がさよならを告げに降りてきたみたいだ

大きな夕陽 綺麗

Photo_25

Photo_26

日没後 ちびたはエステルームへ

フェイスからボディまでたっぷり磨いてもらう(#^.^#)

磨きあがってから友人に逢えばよかったな(^^ゞ

ケビンはインドアプールで身体を鍛えていたらしい

最後の夜は簡単にテラスレストランでお食事

もう21時を回っていた

静かな店内で真っ暗な海を見つめ

ガツンと県産豚のポークソテーを頂いた(^。^)

明日は那覇にいる叔父や伯母たちと会うんだ

懐かしいなぁ。。。

今夜も空には満天の星が輝いていた‥

| | コメント (0)

2006年12月25日 (月)

Joyeux Noël

お散歩から帰ってきてホテル内のショップでお土産を買った

なかでも気に入ったのが「米子焼き」という石垣島の焼き物でできたシーサー

なかなかユニークである(^0^)

Photo_27

Photo_28

Photo_29

Photo_30

ディナータイムはちょっぴりドレスアップ

ホテルのメインダイニング「ファヌアン」へ

クリスマスの特別メニューだそうだ‥

ピアノとバイオリンの生演奏

プールサイドの見える席にて

135_3564

135_3568

135_3569

135_3570

135_3572

135_3565

135_3574

135_3576

135_3577

135_3583 

夜 また雨が降ってきた

明日は晴れるといいなぁ。。。

| | コメント (0)

雨の日も悪くない

朝方、シトシト降っていた雨は激しさを増してきた

バスタブに熱い湯をはり汗を流す

Photo_31

アワアワに身体を溶かしていたら

昨夜 頼んでおいたルームサービスが来たようだ

バスローブにくるまってテラスに出る

冷たい雨が吹き込んできた

お部屋で頂く朝食はゆっくりできてくつろげる

Photo_32

Photo_33

海の色の変化を楽しみながら

Img_3532

もう一度ベッドに埋もれてしまった‥

今日は何をしようか‥

このまま まったりホテルで過ごすのも悪くない

ジムやヨガ教室で汗をながすのもいいね

お昼ごはんを食べに車で外にでてみる

偶然見つけた「中山そば

あれっ なんかテレビでみたことあるお店かも

とりあえず入ってみると店内には芸能人の色紙も飾られていた

「ソーキそば」と「三枚肉そば」を頼んでみた

Photo_34

Photo_35

美味しいっ(^0^)

よかった 当たりだった

地元のお客さんがどんどん入ってくる

お肉もジューシーだし

なんといってもスープが美味しい(^。^)

ホテルへ戻ると旅の疲れも出たのかベットに横になりそのまま寝てしまった

ケビンは一人スパで汗を流してきたらしい

午後には雨も上がるだろうと思っていたのに空はまだ厚い雲で覆われていた

楽しみにしていたカタマランクルーズは出来ないね

Photo_36

夕方 やっと雨も上がって海中展望台まで散歩にでかけた

大きな魚が上からもいっぱい見れた

西陽に当たってホテルがキラキラ輝いていた

Photo_37

| | コメント (0)

2006年12月24日 (日)

クリスマスイヴ

旅先だと 何故朝早く目が覚めるのだろうか‥

明るくなってゆくビーチをテラスから眺める

ほどよく寒くて気持ちいい。。。

今日もお天気は良さそうだ

Img_3467

午前中は「美ら海水族館」へ行った

大きなジンベエザメやマンタが世界一大きいアクリルパネルの水槽の中を優雅に泳いでいたのはスゴイ

熱帯魚たちの美しい姿に見惚れてしまった

Img_3468

水族館を出て近くの「エメラルドビーチ」まで歩く

朝、少し肌寒かったのにすっかり陽も昇り身体も汗ばんできた

海風が気持ちいい

Photo_38

Photo_39

それから備瀬の「フクギ並木」 を歩いた

昔ながらの民家の路地裏 木漏れ日を浴びながら静かに歩く

素敵なところだ‥

今日のランチはケビンが行きたいって調べていたところ

これまた細い路を何度も曲がっては上って行く、わかりにくいところにあった「ピザ喫茶 花人逢

駐車場にたどり着くとびっしり車が止まっていた

人気あるんだぁ~ これは待たされるかも って思ったら

10分程で名前を呼ばれた

なかなかキャパ大きいみたい(^^)

Photo_40

お店は広い民家だった

Photo_41

Photo_42

お庭から東シナ海が一望できる

ピッツァもモチモチしていて美味しい

人気あるのわかるなぁ

Photo_43

使用している食器はアンティークな和食器 ステキだ

お手洗いも味わいあったよ(^。^)

Photo_44

アセロラジュースとグァバジュースも飲んで

お腹いっぱぁい

次はちびたが行きたかったところ

琉球藍染工房「藍風」

こちらも細い道を登りきった山の中腹にあった

工房では手染めの手法を見せてくださった

Photo_45

Photo_46

藍色 大好きな色‥

こちらはギャラリー&カフェ

Photo_48

Photo_49

Photo_50

今度はパッションフルーツのジュースをいただく

ここも風が気持ちいい

山に生えている樹木が南国を物語っていた‥

夕方ホテルへ着く

いつのまにか空は曇り空

今日はサンセットも望めない

ホテル内はクリスマスイヴで盛り上がっていた

Img_3515

ドレスアップしてレストランへ向かうカップル

サンタさんと写真を撮る家族連れ

なんだかわくわくしちゃうね(^0^)

ちびたとケビンの今夜のセレクトはホテルの鉄板焼きコーナー

Img_3505

沖縄の食材が並ぶ前菜

Img_3504

豆腐よう これには泡盛ですね(^^)

オリオンビールで乾杯した後「久米仙の球美(くみ)18年物」をいただく

なんとお猪口一杯2000円

ケビンに2杯以上呑むな!と止められた(^^ゞ

Img_3503

Img_3506_2

Img_3512

Img_3509

いつも通りケビンはサーロイン ちびたはヒレを選ぶ

初めて食べた石垣牛はことのほか美味だった

お食事は沖縄の炊き込みご飯(じゅーしー)に沖縄素麺や海草の入った澄まし汁

とガーリックライスに牛汁

どちらも美味しかった (^。^)

Img_3508

Img_3513

お部屋に戻ってテラスで休む

静かだ‥

昨夜はもの足りなかったこの静けさ

だけど‥本当のリゾートはこうなのかもしれない‥

BGMはやさしい波の音だけで充分だ‥

大人になったのかな? ちびたも

明日はどうやら雨みたい

ホテルでゆっくり一日過ごそう‥

| | コメント (0)

2006年12月23日 (土)

見上げてごらん

クリスマスシーズンのホテルは満室

今日のディナーは21時半からの予約しか取れなかった

Photo_51

ホテル内を散策した後、クラブラウンジへ戻り二人で乾杯

クリスマス期間中は、シャンパンの銘柄がモエ・エ・シャンドンだそうだ

それは嬉しい

かわいらしいタパス風のおつまみもクリスマスバージョン

Photo_54

Photo_53

プールサイドからサックスの生演奏が流れてくる

曲の合間の優しい波の音

人々のざわめき 

本館から少し離れた敷地内に立つイタリアンレストランへ向かう

遊歩道のイルミネーションが綺麗だった

Img_3436

今夜は軽く前菜とパスタで行きましょう

と じつはあまり期待していなかったのですが

お味はなかなか美味しかった(#^.^#)

写真はうまく撮れてませんが‥

Img_3427

Img_3428

Img_3430

Img_3431

なかでもデザートの「紫いものパイ」と「沖縄風ぜんざいと苺のアイス」は面白かった

Img_3433

Img_3434

なかなか美味しくてうれしくなる

お腹いっぱいになって外へ出ると

満天の星空が広がっていた

「見上げてごらん ほら あれがオリオン座」

天の川が大きく流れていた

「あしたも天気になぁれ (^。^)」

| | コメント (0)

ザ・ブセナテラス

Photo_55

沖縄 名護市にある「ザ・ブセナテラス

オープンエアが自慢のリゾートホテル

2000年の沖縄サミットでメイン会場になったホテルでもある

沖縄へ行ったらブセナに泊まりたい

と もう何年も前から決めていた(#^.^#)

サービス部門に定評があり リピーター率の高いホテルとしても知られている

今回はそんなホテルの「クラブフロア」に4泊できることになった

Photo_56

扉の向こうは「クラブラウンジ」

GRO(ゲストリレーション・オフィサー=執事)が迎えてくれる

滞在中はGROが全ての面倒をみてくださる

ラウンジには飲食サービスがあり

ティータイムにはケーキが並び

18時からのカクテルタイムではシャンパンもいただける

Img_3464

Img_3463 

お部屋はスタンダードタイプだけど

じゅうぶん広い(^^)

アメニティも充実している

スリッパやバスローブはもちろん

ナイトウエアからビーチガウンまで揃っている

これが白のワッフル生地でかわいい

ここには着替えと化粧品さえ持ってくれば何もいらない

Photo_57

Photo_58

Photo_59

Photo_60

フルーツバスケットにホテルの焼き菓子の詰め合わせ

ミネラルウォーターも毎日2本

冷蔵庫へ入れてくれる

Photo_61

夜のベットメイキング時にはショコラもサービスしてくれる

Photo_62

シンプルなファブリックもちびた好み

ベランダからはビーチが一望できて

リゾートに来たんだぁ感でいっぱいになれる

お天気によって変わる海の色を見ているのは楽しい

Photo_63

Photo_64

Photo_65

Photo_67

こちらはホテル正面から入ったロビー

一般のゲストはこちらのテラスでチェックインされます

それも気持ち良さそうですね (^。^)

Photo_88

Photo_68

Photo_69

Photo_70 

ビーチの前のプールはふたつ

その他にインドアプールもある

オンシーズンは賑やかでしょうね

Photo_71

ビーチとの境 生垣にはハイビスカスが咲いていた

Photo_72

Photo_73

はじめてこちらのホテルに着いたときは

「写真で見たより小さいな」って思った

このようなリゾートホテルはハワイでの印象が強いのかもしれない(^^ゞ

そうそう ホノルルにある「ヒルトン ハワイアンヴィレッジ」に似ている感じがする

あそこを小さくしたような雰囲気だ

滞在しているうちにこのコンパクトさがかえって居心地よく思えてきた

だけど‥ ひとつだけ‥

夜が早いよ~

まだ23時なのに どこもクローズ 人がいない‥

リゾートなのに‥ (#^.^#)

| | コメント (0)

南の島の太陽

朝焼けが綺麗だった

藍色の空の下

ランドマークがオレンヂ色のシート浮き上がっている

タクシーとリムジンバスで45分

羽田は近いなぁ。。。

新しい太陽が横浜港を黄金色に染めあげている

ベイブリッヂからの眺めが素晴らしい。。。

Photo_74

JAL Jシートに埋もれ

スパークリングワインを飲み干し

一眠りしたら 

那覇国際空港へ着いた

太陽がちがう 

空が高い ・・・

南国の冬の日差しに迎えられレンタカーを滑り出す

時計は正午を回っていた

「今日のランチは軽く沖縄そばでいきたいね」

お目当ての「首里そば」へ向かう 

残念 定休日ではないはずなのにお店は閉まっていた

こんな時のために次のお店も考えていた

でもここがダメなら困るよね と電話してみる

よかった 営業している

細い 曲がりくねった路をどんどん上っていく

ナビがなかったらたどり着けなかったかもしれない

島の路は複雑だ

てんtoてん

Photo_75

美味しいと評判のお店

やっと着いたのに あれ?

お店のドアは閉じられたまま?

本当にここ? ってドアを開けてみると

かわいらしい空間が現れた

調度品もかわいい

スキ!かも こーゆーお店

正解だったかも (^0^)

Photo_76

Photo_77

Photo_78

Photo_79

Photo_80

評判の「木灰すば」をいただく

Photo_81

うん すごくさっぱりしているけど

鰹の出汁が効いてて美味しい

手打ちの麺もしこしこ

古代米のおにぎりと

Photo_82

これまた評判の「チーズケーキ」も頂く

Photo_83

ちょっと変わっててこれも美味しい

何が入っているんだろ

玉子焼きみたいな色してて ドライフルーツの細切れがたまに顔を出し

それがアクセントになっている濃厚なチーズケーキ

これもスキかも(^0^)

よかったぁ

Photo_84

お昼を食べ終わって再び車を走らせる

国道58号線

今日のステイ先 ブセナテラスへ急ぐ

途中 万座毛へ寄ったみた

昔来た時はもっと迫力があった気がしたけどな‥

夕方 ホテルへ到着

バレットパーキングにお任せしてクラブフロアへ案内された

チェックインはゆったりソファに座ってグァバジュースをいただく

Photo_85

ちびたは「ババジュース」と聞き間違えて

沖縄には「ババ」という名のフルーツがあるのか と思ってしまい ケビンに笑われた

お部屋に通されてから目の前のビーチをお散歩した

ちょうどサンセットタイム

Photo_87

美しい 南の島の太陽

雲の隙間から差す光を眺め

「朝日新聞だね」と言ったら「まさに‥」とケビンが答えた‥

ムードのない二人かも (#^.^#)

Photo_86

| | コメント (4)

2006年12月22日 (金)

クリスマスは沖縄で‥

今年もあと数日になってしまいました

今日は冬至

ゆず湯に入ってゆっくり疲れをとりました

ここ数日忙しく ストレスが溜まる出来事もあり

なんだか余裕のない日を送っておりました

でも、明日からはケビンと沖縄へ行きます(^^)

これは、ケビンの勤続20年のお祝いで会社からのプレゼントです

休暇と旅費が今年度いっぱい使えます

春からどこへ行こうか色々話し合ってきたけど

あぁ悲しき日本人サラリーマン 

せっかくの休暇も消化できる余裕もなく

仕方なく冬休みを利用しての旅となりました

それでも資金を有効に使おうと沖縄本島の「ブセナテラス」クラブフロアに4泊することにしました

一ヶ所でゆっくりしたい というケビンの意向です

沖縄は二人ともすっごく久しぶりです

ここ数年の沖縄ブームですっかり変わってしまっただろう沖縄本島

ふたりで まったり してきたいと思います

旅の報告は帰ってきてから‥

では、行ってきます

今日 美容院の帰りに寄った

六本木ヒルズのイルミネーションPhoto_179

もうすぐクリスマスですね (^。^)

| | コメント (3)

2006年12月17日 (日)

武士の一分

ひさしぶりに映画館で映画を観た

「武士の一分」Photo_178

木村くんファンのちびただけど

彼の映画を観るのは初めて

山田洋次監督の藤沢周平三部作ということもあって

期待は大きかった

観終わった直後 少し物足りなさも感じたけど

じわじわとこの映画の良さが沸いてきた感じだ(^^)

木村君の演技もよかったけど やっぱり使用人役の笹野高史さんには助演男優賞をあげたい

緒方拳さんや桃井かおりさんの演技も いいねぇ

まだ観ていない方もいると思うので感想はここらへんにしておくけど

単純なストーリーの中に季節感や登場人物の心模様 山田洋次監督独特のユーモア等が実に細かく織り込まれている作品だと思いました

最後に 日本人として「武士の一分」といいう言葉の意味を少し理解できた気がします(^。^)

しかし たまに映画をみるとけっこう疲れるものですね

お家に着いて ケビンと昨日「ア ラ プラージュ」で買ってきた

ガトーショコラを頂きました

133_3334 ガトーショコラには生クリームを添えて‥

今日は乳脂肪分47%

先日ケーキを作ったときは35%しか手に入らずに

なかなか生クリームが思うような固さのならなかった

この乳脂肪分45%はあっという間に固まってしまう

このぐらいでいいかも ってかなりやわらかい状態でホイップする手を止めても

あっという間に角がたってしまう

ケーキのコーティングする際はこの見極めが まだちびたには難しいのだ

ということで 今回も固くなりすぎてしまったホイップクリームを添えて‥

いだだきまぁす

美味しかったよ(^。^)

| | コメント (0)

2006年12月16日 (土)

お気に入りのレストラン

今日はケビンの少しおくれたお誕生日のお食事へ行った

その前に、高島屋へ寄ってプレゼントを買う

133_3317 133_3323

二人で選んだボルドー色のネクタイ

これに茶の縦縞ワイシャツがとっても似合ったので

こちらは少し早いクリスマスプレゼントにと

両方買ってしまった(^^)Photo_175

少し早いクリスマスプレゼントといえば

ちびたは もう既にもらっている(#^.^#)

欲しかったマーガレットハウエルのPコートだ

(マフラーは別)

自分で買うつもりでいたのですごく嬉しかった

今日はケビンも喜んでくれてよかった(^。^)

さてさて お気に入りのレストランへ向かいます

東海道線快速に乗って 一路熱海まで‥

海岸沿いにある小さなビストロ「ア・ラ・プラージュ」

Photo_177

こちらに最初に来たのは何年前だったかしら‥

初めは伊豆旅行の帰りに寄っていたけど

最近では こちらでお食事するためにわざわざ東海道線に乗ってやってくる

オーナー・シェフは「クラブ・ミストラル」の福元シェフ

熱海で上がった新鮮な魚介類に三島の野菜をふんだんに使ったお料理

なかでも函南・加藤さんの完熟トマトは絶品です(^^)

ソムリエの萩原さんは以前エノテカピンキオーリ東京に居た方

とってもフレンドリーで美味しくってリーズナブルなワインを選んでくれる

132_3296 お皿は一枚一枚手書き

熱海在住のアーティスト三澤憲司氏によるもの

これは向日葵だけど

お魚の絵や 動物の絵や 今の季節のクリスマスのものだったり

いっぱいあるんです

店内にも彼の作品が溢れてます

今夜はどんなお料理をいただこうかしら(^。^)

私たちは どこでも だいたいアラカルトを選ぶことが多い

でも、こちらのお店で「シェフ・スペシャル」を頂いたことがないので

たまには やっぱり シェフが一番のお勧めだよ というコースを頂いてみようか ってことになりました132_3298_1

まずはグラスシャンパンで乾杯

ケビン お誕生日おめでとう(^^)

アミューズの後は

海の幸のコンソメジュレ

「ブルゴーニュの白が好き」と言うちびたに

選んでくれたのはカリフォルニアのシャルドネ

132_3300

いつもの事ながらラベルを隠して注いでくれる(#^.^#)

ん~~ん カリフォルニアワインとは思わなかった

なかなか深い味でした

今日はマニュアルで写真を撮ったのでけっこうボケてしまったが

次のプラはフレッシュフォアグラのソテー

133_3304 133_3306

「フォアグラに合う蜂蜜みたいなワインが飲みたい」って言ったら

出してきてくれた アルザスの白

「これは次の料理にも合いますよ」って

次のプラは手長海老とイトヨリのムースリーヌグラタン

133_3308 本当はソテーだったんだけど

「グラタン」がいい というリクエストに答えてくれた

こちらのメニューの定番「あかざ海老と本日の鮮魚と温泉玉子のムースリーヌグラタン」をアレンジしてくださった

温泉玉子だとこのコースではくどくなってしまうからと‥

これはとても正解だった 美味しい(^。^)

メインはちびたがエゾ鹿 ケビンがイベリコ豚

133_3312_1 133_3313

どちらも大変おいしゅうございました(^。^)

もしも こちらのお店に初めて行かれたら

是非 函南トマトと鮮魚のカルパッチョ(もしくはパルマ産生ハム)とサラダ

とブレス産鴨のローストをお勧めします

どちらも美味しいですよ133_3316

デセールを頂いて

エスプレッソを飲み干して

お腹いっぱい

普段着で来れる やさしいビストロ

こんなお店がもっと近くにあったらいいのになぁ

そして ちびたとケビンは 東海道線に揺られ

横浜まで帰ってきたのであった

今年も無事に二人のお誕生会ができてよかったね

ケビン (#^.^#)

| | コメント (0)

2006年12月14日 (木)

ワイン三昧

昨日はケビンが忘年会だった

なので ちびたも忘年会にした(^0^)

フラ語の帰りにHanaと先週行った「3 amours」で待ち合わせする

少し遅れて店に入るとHanaは既にテイスティングワインを飲み干していた

今日は‥グラスワインをいただこうかなぁ

Photo_71 カウンターに並んだボトルから

白のスペシャルを選んでみた

うん 美味しい(^。^)

先週お話したお店の女の子が今日はオフなの

といってお店に遊びに来ていた

「こないだ選んでくれたワイン とっても美味しかったです」ってお礼を言ったらとても喜んでくれた

しばらく立ち話をした後、これからお友達とお食事に行くと笑顔で消えていった

私たちが予定しているお店は 開店時間までまだ少し時間があるようだ

目の前に置かれた「パスティスの王者」とタグを付けているボトルを指してもう一杯頂くことにした

Photo_72 _2_1 Photo_73

ん~ん

なんとも上品なパスティスだこと

水で割ると白濁して香りが増すパスティス

ちびたはストレートで行くのが好み

舌にまとわり付くようなオイリーな感じがたまらない

もう一人のお店の女の子と話が弾んだ

彼女はプロのパティシイエール

ここに来るまではお菓子屋さんで働いていたそうだ

いろんな経験を積んで、いつかカフェを開くのが夢だという

いいね いいね 頑張ってね 応援するよん

お外はいつのまにか雨模様に変わっていた

食前酒もほどよく回ってきたので 次のお店へと向かう

Hanaが紹介してくれた駒沢通り沿いにある

ブラッセリー・オンホア

132_3254 132_3256

コンセプトはベトナムに住むフランス人夫婦が開いたブラッセリーだそうだ

なるほど ベトナムにこんな感じのフランチレストランがあったなぁ

メニューにもフランスの家庭料理からベトナムの生春巻きやフォーまである

なかなか面白いお店である

132_3258 アミューズブッシュは

ツブ貝とフルーツトマト

ピンチョス風

ピリッと辛いランプラーの香りがするドレッシングでマリネされていた

面白い(^^)

132_3259 132_3261_1

三崎産真鯛のカルパッチョにムール貝のワイン蒸しを二人でシェアする

どちらも美味しい(^^)

Hanaはブルゴーニュの赤を

ちびたはロワールのロゼを

それぞれグラスで頂く

132_3263 132_3264

メインはHanaがポーク

ちびたは なんとアン肝もソテー

ソムリエのお兄さんにこのお料理に合うワインをそれぞれ選んでいただいた

ちびたはロワール地方の「Carabas 2003」というもの

しっかりした白ワインだった

こちらのワインはリーズナブルな品揃えでなかなかよい

お料理も ポークはこんがり焼けていてジューシーで美味しい

でもアン肝は ん~~ん どうかな?(#^.^#)

どうしてもフォアグラをイメージしてしまったので

淡白なお味がこのシェリー酒のソースと合ってないような気がしました

この後、私たちは青山にある「デュヌラルテ」のBarでしこたまワインを飲もうと企んでいたので

そうそうにお店を引き上げる

ソムリエ君が「もうお帰りですか」「お口に合いましたか?」なんて心配そうに見送ってくれたけど

ごめんね 美味しく頂きましたよ~

ただお姉さんたち忙しいのよ~(#^.^#)

ってお店を後にしたのだけれど「デュヌラルテ」は水曜定休日だった

おまけに後で調べて分かったことだけれど

Barは今クローズしているらしい‥ 残念だ

あの美味しいパンとワインがご馳走になれるBarだったのに。。。132_3268

仕方なくタクシー飛ばして丸の内へ出る

ブッラスリー・オザミのドアを開けるが

こちらも満席だ

今度はコートの襟を立てて小走りに歩く

銀座にある本店の「オザミデヴァン」へ向かう

ラッキー ちょうど二人分の席が空いたところ

熱気溢れる店内へ通される

ソファ側の壁には沢山の空き瓶が並べられている

132_3270 じっくり眺めれば

なかなか優れものに出会いそうだ

まずはグラスシャンパンで乾杯する

その後 それぞれ好みのワインを選ぶ

お腹はもういっぱいなので

軽く前菜だけを頂く132_3271  サーモンのタルタル

ちびたが選んだのは

ブルゴーニュの白

ムルソー

最近 ブルゴーニュの白にはまっている

Photo_74 Hanaも好みの赤を選んで飲み干していた

周りのテーブルはもう

デセールの時間

白いお皿に飾られたモンブランが美味しそう

だけど やっぱり もう少し飲みたいね

って 二人でフロマージュを頼むことにした

山盛りのフロマージュから好みのものをすこしづつ頂く

132_3275 132_3278

二人とも好みは一緒

で、ウォッシュタイプや青カビや山羊のものをいただく132_3279

ワインも変えてポートワインにノルマンディのりんごのワイン

カルヴァドスではない

しかしこれも美味しい(^。^)

まだまだ飲めそうな二人だったけど

終電が危ない時間になっていた

結局 夕方4時からずっと飲んでいた

駅に向かう途中「ラーメンが食べたくなった」と言った ちびたのわがままに付き合ってくれた Hana 

感謝です

132_3281

| | コメント (4)

2006年12月10日 (日)

我が家でぱーてぃ

昨日は忘年会とクリスマスを兼ねたぱーてぃを開きました

ゲストをお招きする日は心も弾みます(^^)

前日に作った赤い実のリース

ツリーの上に飾ってみました

_1_3 _3_edited3

こちらは数年前に作ったトールペイントのリース

_1_edited1

オーナメントもひとつひとつ取り外せます

ゆらゆら揺れるのよ

窓枠に積もった雪やスノーマンのマフラーのチェック柄等

細かいところまでペイントしてあるの(^。^)

お部屋はクリスマスモードに衣替え

131_3176

132_3233

Photo_174

_1_7

クマたちもサンタさんになりきってます

131_3189上から

ぶー太

ぷー太

むくむく

むくむくにツリー用の綿で眉毛を付けたのはケビンの仕業(#^.^#)

横から飛び込んでいるのはトナカイのカチューシャを付けた ピ郎

クマですよ

さてさてお部屋のコーディナイトをしていたらゲストがみえる時間も迫ってきました

あわてて居酒屋風お惣菜を作ります

131_3185 132_3232 131_3186

得意な人参サラダにマカロニサラダ

蓮根のキンピラは唐辛子をピリッと効かせて

小松菜の煮浸し

イカのわた煮はサッと煮て

タコのシチリア風煮込みは「サンクゼール」のチリペッパーを使いました

今日のゲストは10名

ケビンとちびたで12名のパーティになります

メインは「蟹すき」

ケビンと近くに住むご夫婦が朝から買出しに行ってくれました

ゲスト達が到着

皆さんご馳走を持って集まってくれました

131_3192 131_3193 131_3194

テーブルがあっという間に賑やかになりました

どれも美味しいものばかり

手作りの刺身こんにゃく

揚げたて牡蠣フライも並びます

131_3195 132_3201

みんなありがとねぇ (^。^)

ゲスト手作りのワインバック かわいいでしょ

Photo_172 Photo_173

表 と 裏 です

これにワインを入れて持ってきてくれました

嬉しいな(^^)

132_3203 おかずがいっぱいで

なかなか鍋を始められませんでしたが

夜も更けてきた頃

ようやく蟹すきの登場

うん これも美味しい

買い物班のみなさん ご苦労さまでした

この後 ケビンが海老のカレー風味炒めを作ってくれたけど

写真がない・・・ (^^ゞ

_1_6 ケーキを食べる頃には

ほとんど記憶が飛んでいるほどお酒もいただきました

最後のゲストが帰られたのは2時半だったとか‥

ちびたはもう12時前にベットに倒れこんでいました

お見送りできなかったゲストさん

ごめんなさいねぇ

また 是非いらしてください

牡蠣フライ揚げてくれたり

鍋用の野菜切ってくれたり

洗い物全部してくれたり

ほんと ちびたは楽させていただきました

次回はもう少し働くからね (#^.^#)

132_3227 ふっふっふっ

今朝 整理した空き缶空き瓶

しかし 12名でよく呑んだよね(^。^)

| | コメント (0)

2006年12月 8日 (金)

最後のお稽古

12月のフラワーアレンジメントは赤い実のリース

131_3130

今日も自由が丘にある

イタリアンレストラン「INOW」にて

クリスマスリースだとレッスン受ける生徒さんも多くて いつもの三倍はいらした

なんとお店の半分は私たちが占めていたみたいだ

材料はこんな感じ

131_3131 131_3132

まずはベースになる枝を丸めていく

大きな丸の人 小さな丸の人 オーバル型の人

個性いろいろで面白い(^^)

131_3133 型が出来たら赤い実の小枝をどんどん巻き込んでいく

これだけでもかわいいよね

その上に松ぼっくりや小さな木の実

さらに大きな赤い実などを差し込んでいく

こんな感じに出来上がりました(#^.^#)

131_3137 ちょっぴりイビツなのもご愛嬌

先生が綺麗にラッピングしてくれました

大事にお持ち帰りしないとね131_3139_1

フラワーアレンジメントのお教室は今日でおしまい

先生はご主人のお仕事の関係でボルドー(フランス)へ行ってしまうからです

あちらでもお花のお仕事をされるそうですよ

素敵だな

なんでちびたの周りにはフランスに縁のある方が多いのだろう

これは遊びに行かなくっちゃですね

去年のクリスマスリースから初めて一年

来れなかった月もあったけど 楽しかったな

また機会があったらこーゆーお教室に通ってみたい

さてさて もうひとつの楽しみ

ランチの時間です

レッスンの後はこちらでオーガニック・イタリアンを頂けます

前菜はバイキング

131_3140 131_3142_2 131_3141

ワイン(赤・白)もソフトドリンクも飲み放題

バイキングお料理も美味しいよ

無農薬野菜が中心のお料理です

131_3147_2 131_3150_2

ついとりすぎちゃって

いつもパスタが食べれなくなっちゃうから

今日は少しだけ盛りました

右のお皿はお友達Satokoちゃんの

ここの自家製パンも美味しいのだ

メインは数種類のパスタかピッツァ ニョッキやグラタンから選びます

131_3151Photo_171

ちびたが選んだのは131_3153_2

「小海老のトマトとクリームのソース 自家製パスタ」

美味しかったよん(^。^)

今日のデセールはアールグレイのシフォンケーキだった

131_3155 ちびたはワインを4杯も頂いちゃって

ご機嫌

このランチバイキング

一般の方は1600円で頂けます

_1_1 131_3145_2

実はこちらのレストラン

Satokoちゃんのお友達が経営されているお店

すごいな

こんなお店やっているお友達がいるなんて(^^)

オープンキッチンの店内は活気があって

お料理しているところも見れて楽しいです

今度は夜の料理をケビンと食べに来てみたいな(^。^)

| | コメント (0)

2006年12月 7日 (木)

お誕生日おめでとう

今日はケビンのお誕生日

「すき焼き」が食べたいって言ったケビンの為に

バイトのお給料で高いお肉を買ってきた

奮発だ! (^0^)

131_3125 131_3129

昨日買ってきたワイン

131_3121 131_3118

ラングドックのシラー 

トゲトゲしてなくて美味しかった

すき焼きにもあってたよ(^^)

デセールは朝から奮闘していた割には出来の悪いケーキ130_3099_2

ん~~ん デコレーションは難しい。。。

苺はグラサージュまでしたんだけど

生クリームがやわらかすぎて綺麗に乗らなかった

パティシェに脱帽。。。

| | コメント (2)

2006年12月 6日 (水)

お気に入りのワインバー

今日は一ヶ月ぶりのフランス語教室だった

11月はなにかと忙しくさぼってしまったら

すっかり頭から消えていたフラ語 (;_;)

来年は頑張らなくっちゃ (#^.^#)

一時間前にレッスンが終わっているHanaが待っていてくれて

二人して近くに出来たワインバーへ寄った

3 amours」 トロワザムールと読む

意味は「三つの愛」

Photo_164 Photo_165

デジカメを忘れてしまい携帯での写真で残念だけど

お店はこんな感じ(^^)

カウンターには沢山のワインが並んでいて

ワングラスの値段が書かれていた

Photo_166 Photo_167 Photo_168

二人とも三種類が飲めるテイスティングセット¥1.000を頼む

ちびたはBlanc 白Photo_169

HanaはRouge 赤

つまみはドライフルーツ系かミモレット(ワインに合うチーズです)

そしてハモンセラーノとサラミのみ

Photo_170 二人で盛り合わせを頂いた

リーズナブルで美味しいワインが揃っているお店

ちょっと通いそうな勢いの私たちだった(#^.^#)

スタッフの方も気さくで素敵な方たち

ワインについて教えてもらお~

明日はケビンのお誕生日

プレゼントに赤のボトルを選んでもらった

家に着いて そーっとワインセラーに眠らせた

明日まで見つかりませんように (^。^)

| | コメント (3)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »