« お腹いっぱいだったから(#^.^#) | トップページ | St. Valentine's Day »

2007年2月13日 (火)

楽しいです(^^)美味しいです

自家製酵母種でいろいろなパンを焼いてみました

まずはフランスパン用の粉(準強力粉)で作った

リュスティック

こちらはオートリーズ法(酵母以外の材料を混ぜて休ませてから酵母を入れて捏ねる)で作りました

かなり水分量が多く捏ねるのにベトベトで大変でした

そう ここからは手捏ねです(^^)

一次発酵が終ってボールの中で丸め直し

再度ボールいっぱいになるまで発酵させます

最終発酵は布どり

138_3871 138_3874

生地がダレないようにパンマットを立たせて休ませます

充分発酵しましたね

テンパンに置いて粉をかけてからクープ(切れ目)を入れます

138_3875 後は焼きあがるのを待つだけ

家庭用ガスオーブンなので

蒸気が出ないのが残念

でも、下のターンテーブルに熱湯をかけたり

生地を入れる前に霧吹きしたりと頑張ってみました

138_3876 138_3882 138_3885

どう?

香ばしく焼きあがったでしょ(^^)

気泡もいっぱいできました

外はパリパリッ中はもっちり

美味しい(^。^)

*レシピは高橋雅子著の「「自家製酵母」のパン教室」を参考にしました

んっ この生地は水分量が多いのでちょっとアレンジしてみょうかな

と いうことで あのパリの研修先「Petranのお店」で作ったフーガスを思い出して作ってみることにした

139_3915 139_3917

生地を四等分して

家にあったドライトマトのオイル漬けと缶詰の黒オリーブをのせてみました

包んで 伸ばして スケッパーでザクザクザクッと切れ目を入れます

139_3919 139_3920 139_3922

広げながらテンパンにのせ ドライトマトが浸かっていた オイルを刷毛で塗って焼きました

139_3923 どう?

上手く出来たかな? (^。^)

チーズがなかったので かけて焼くともっと美味しいのだけれど

なかなかのお味でした

香ばしくって 塩味の利いたドライトマトがアクセントになって

立派なおかずパンです 

お次は パン オ セーグル ライ麦パンです

139_3926 縦にクープを入れるんだけど

こんな感じでいいのかな?

クープ入れってけっこう難しいのです

レシピ本には写真が載っていなかったので

以前パン教室で習ったやり方を思い出してみました

が、深さや長さなど微妙なところがわからない

まっ いいや なんでも経験です

おしっ 焼いてみよう

139_3930 あぁ やっぱり失敗

なんじゃこりゃあ のクープですね(^^ゞ

まぁ かわいらしいけど

成型ももう少し縦長にすればよかったかなぁ(´0`)

それでも焼き立てを割って食べてみると139_3931

うん おいしい

ほんのり酸味が利いていて

これにはフィグのコンフィチュールが合いそうだ

もちろんワインとフロマージュにもね (^_-)

|

« お腹いっぱいだったから(#^.^#) | トップページ | St. Valentine's Day »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お腹いっぱいだったから(#^.^#) | トップページ | St. Valentine's Day »