« 美味しすぎる街 Paris | トップページ | Merci Beaucoup »

2007年3月13日 (火)

最後の夜は‥

Paris滞在 最後の夜marumiとディネを食べに行く

彼女 料理学校の卒業試験が本日だった

忙しい時にParisへ来てしまった ちびた(#^.^#)

でも、やっと試験も終った ということで

今夜はそのお疲れさん会と私とのさよなら会である

marumiに連れて行ってもらったお店は、お互いの住まいから徒歩圏でもある路地裏のお店

ぜったい一人じゃ行けないなぁ って所だった(^^ゞ

Le Dirgeable

Img_0504

今夜はガツンと食べるぞ~(^^)

marumiお勧めの前菜は‥

「ここの牡蠣 美味しいよ~」

えっ ランチに食べてきたんだけど。。。

でも、大好きだからまた食べちゃ~

Img_0496

アミューズブッシュは

ほうれん草の冷たいスープ

Img_0498

アペリティフのグラスシャンパン

生牡蠣が出てくるまで大事に飲む(#^.^#)

牡蠣 やっぱりいくらでもいけちゃうね

1

そしてブルゴーニュの赤を頼んで

ちびたはマグレー鴨のプルーンソース

レアな鴨が美味しい

Img_4121

marumiはビーフのグリル シンプルな味付けのもの

どちらも素材の味が充分生きている

美味しっ(^。^)

Img_4122

marimiといっぱいお話しした

人生論まで語って ほんとフランス人のようだ(^^ゞ

日本から離れてここで頑張っているmarumi

彼女の努力には脱帽

貴方がParisに居る間に もう ちびたは来れないけど

あと一年 身体に気をつけて頑張って欲しい

いっぱいいっぱい財産を身に付けて帰っておいでね

日本で会えるのを楽しみにしているよ(^。^)

Img_4123

デセールは ショコラのグラタン ピスタチオクリームかけ

熱いんだか 冷たいんだか 中途半端ではっきりしてほしいかった

もっと冷やしてくれたらちびた好みの味になっていたかも

Img_4124

marumiはリ・オ・レ

リはお米 レはミルク

ようは甘いミルク粥の冷たいようなもの

ヨーロッパではよく食べられている

日本人はあまり得意ではないんじゃないかな?

こちらのには梨と林檎のコンポートざく切りがのっていてアクセントになっていた

思うんだけど‥

美味しいレストランやビストロで、お料理は大変満足いくのに

美味しいデセールにはめったにあえない

何故だろう。。。

街中のお菓子屋さんはあんなに美味しいのにね

名残しい気持ちを抑え

marumiと別れる

路がわからないのでメトロで帰ることにした

駅まで送ってくれたmarumi

元気でね!

夜のメトロ内

人が少ないのでポスターをパチリと写真に収める

これ ちびた的にはヒットなポスター

7_3

この春 ロンドンへ 66ユーロで行って戻ってこれるよ

で、カブトムシがアビーロードですか (^^ゞ

帰り、アパルトマンの前にあるお店で 急に食べたくなったクレープを買った

お砂糖をかけただけの SUCRE を頼む

と、お兄さん おもむろにチョコレートの瓶を取るではないか

「ノン ノン ショコラ シュクレ シルブプレ」と言うと

今度はシナモンらしい瓶を取る

もう一度「シュクレ」というと再びチョコレートの瓶を‥

違う~ 「シュガー」と今度は英語で言ってみる

後ろにいたお兄さんが これじゃないか?とやっと砂糖の瓶を彼に渡す

そうそう それだよ

「シュクレ」

オ~「SUCRE」と発音直される

「シュクレ」

「SUCRE」

「シュクレ」

ノン「SUCRE」

「シュクレ」

「SUCRE」

ここで発音の勉強会かい? (#^.^#)

Img_4131

無事にクレープSUCREをお買い上げ

お部屋に戻って一口食べる 美味しい

この素朴な味もとうぶんお預けね

って、これが利いたのか翌朝は大変な事になった (;_;)

|

« 美味しすぎる街 Paris | トップページ | Merci Beaucoup »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美味しすぎる街 Paris | トップページ | Merci Beaucoup »