« ポンヌフ物語‥ | トップページ | Après Noël »

2007年6月 7日 (木)

マローネンの会

今日は二ヶ月に一回のマローネンの会(^^)

って 中学時代からの親友5人が集まる会なのだ

今回、都合で一人参加できなかったけれど

ひさびさ」4人で鎌倉まで行ってきた

「マローネン」とはドイツ菓子の名前(栗 という意味)

たまたまその時食べていたお菓子の名前が「会」の名前になってしまったのだ(#^.^#)

鎌倉は江ノ電に揺られ ゴトゴトと‥

長谷駅にて待ち合わせ

Img_4386 車内は遠足の子供たちで溢れていた

踏み切りの向こうはもう海

国道134号線が走っている海岸線が見える

Img_4384 Img_4382

そんな長谷の駅から大仏方面に歩いて、細い路地を入った所にあるお店 

「ナディア」

Img_4387

古い民家を改装したイタリアンレストラン

女性シェフ 原優子さんが作る力強い料理が評判のお店

一度来たいと思いながらなかなか実現しなかったお店である

Img_4388 Img_4389

玄関の引き戸を開けて靴のまま上がる

ソムリエ兼接客係りの男の方が一人できりもりしているホール

ちょっと愛想に欠ける彼 根はいい人そうでちょっと損しているかも(#^.^#) 

お料理の説明が始まると、こちらの質問も受け付けない勢い(^^ゞ

やれやれ まぁ 彼のアドバイス通りちょっと少なめのアラカルトにしてもらおう

1_13 アンティパストは、今日新鮮なのが入りました と言われた桜海老のサラダ

黄色ズッキーニとのサラダ仕立てはさっぱりしていて美味

さすがお勧めの一品ということで文句無し はなまるでした

1_14 二品目は 

旬のそら豆と トマト、モッツァレラ

と、素材の良し悪しで決まる一品

うん これも美味しい

トマトは甘いし、水牛のモッツァレラもフレッシュ

こちらのシェフ 塩味が効きすぎ という意見も多い

たしかに効いている がイヤな効き方ではなかった

1_15

さて、プリモは二種類をチョイス

からすみのスパゲッティとトマト味のニョッキ

スパゲッティは太め モチモチ

からすみの味が引き立つようにか

こちらの塩加減は押さてあるのかな?

ニョッキはフワフワ こんなに軽いニョッキは初めて

トマトソースとの相性もよく美味しかった

セコンドもそそられる品揃えだったけど、ソムリエ君が そんなに食べれませんよ~というので止めておいた けど正解だったね

けっこういい奴なのかもしれない (#^.^#)

あと、銘柄は聞かなかったけどグラスの白ワインが美味しかった

ドルチェは頂かずにエスプレッソで〆たけど

ここのドルチェ評判いいみたいだね

また来てみたいなぁ って思ったお店

次回は是非セコンドまでいってみたい(^。^)

昼下がりの長谷界隈‥

Img_4398着物美人は「柴わんこ」のお母さん

もちろん薔薇のお宅のマダムも一緒(^^)

そしてもう一人の友人は毎年ホノルルマラソンに参加しているパワフルママ

中学を出てからそれぞれ進んだ道は違ったけれど

今でもこうして集まってはあの頃の少女の気持ちに返ってしまう マローネンの会 なのである (#^.^#)

さてさて 4人は鎌倉駅近くの市場へ寄ってお買い物Img_4414_1

地元のスーパーでは見かけないお野菜を買い込みました

ちょっぴりヨーロッパのマルシェみたい

Img_4413 Img_4415

市場の中のパン屋さん「PARADISE ALLEY BREAD & CO.

天然酵母のパンは何で作っているの?って聞いたら「ホシノ」だそうだ

大きなパン オ レザンが500円

ふ~ん ちびたも500円で売ろうかな (#^.^#)Img_4403

この日は二種類のパンしか置いてなかった

ランチセットが美味しいらしいので今度食べに来たいな

市場の裏の雑貨屋さん「nuinui 1st」は今日はお休み

残念でした

そして4人は鎌倉駅前の甘味処で休憩して帰ってきました

今日も一日 よく食べてよくしゃべったね

次回のマローネンは8月

今度は是非5人で集まろう!!

Img_1202 Img_1204 Img_1198

市場で買ってきたパンとお野菜

葉っぱ付きのかわいい人参とコールラビ(西洋蕪)は生のままサラダにしましょう。。。

ズッキーニはグリルしてお肉の付け合せに

どちらも美味しい自然塩を軽くふるだけ‥

野菜が甘くて美味しくなるね (^O^)♪

|

« ポンヌフ物語‥ | トップページ | Après Noël »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポンヌフ物語‥ | トップページ | Après Noël »