« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

11月最後の日‥

今日 ちびたも歯を抜きました

ケビンみたいに切開はしなかったけど

根元にあった大きな膿の袋というのを取りました

これですっきりするかも

でも、今はまだ痛いです(;_;)

夕飯 たべれませんでした

少しは食べれなくなった方がいいかも

最近食べ過ぎて胃が大きくなりすぎている

ちびた ですからぁ。。。 …。(^.^;)

| | コメント (6)

2007年11月29日 (木)

河豚です

Img_5404 今日はマローネンの会」の忘年会

寒空の下片瀬江ノ島まで出掛けた

ひさしぶりの面々 って 今日も一人不参加

彼女はMBA取得の為山篭もりしているらしい

なので最近はだいたいこの4人で集まる

今夜は、そのメンバーの一人のお勧めのお店

河豚 なのである (^。^)Img_5408

お店に入ると待っていた私たち用の河豚ちゃん‥

まぁ よく太った良い子ちゃんだこと

今夜は シェッフお勧めコース

Photo 乾杯のビールと共に‥

ふぐ皮の酢の物

白いとこは腹

黒いとこは背

両方コリコリしていて美味しい

酢の加減もいいです

Img_5419 はい ふぐ刺し

ん~ん たまりませんなぁ(^0^)

Photo_4 Photo_5 Photo_6

そしてヒレ酒

香ばしい香りがイッチャイます (#^.^#)

Img_5420_2 今日はこの大きな河豚さん

二匹半使ってくれました

で、ふぐちり

Img_5413_2 昆布で取ったお出汁だけを先に味見させてくれました

美味しい (^0^)

Img_5414_edited1_2 これに河豚ちゃんを入れて行きます

皮目はゼラチン質がいい感じです

明日はお肌もぷりっぷり (^0^)

Photo_7 そして茶碗蒸し

お出汁が美味しいから

茶碗蒸しも美味しい

中には河豚も入ってましたよ

Photo_8

ふぐの唐揚げ

ぷりっぷりの身がいっぱい

骨付きはもちろんかぶりつきます

Photo_9 たっぷり河豚ちゃんを頂いたら

葉山牛が出てきました

これで握り寿司を作ってくれるそうです

Img_5431_2

山葵を少し効かせて

おいひぃねぇ (^0^)

Img_5433

佐島産のタコだそうです

タレがまた合って美味しい

Img_5434

お次は千葉沖の鮪

Img_5435

ノルウェーサーモン

脂 のってます

Img_5436 まだ出てくるのね

地元 腰越のイカ

Img_5437

青森の帆立 甘い~

Img_5438

ふわふわ穴子

Img_5440

大好きな赤貝

う”~ お腹がぐるじぃ~ (´0`)

でも 食べちゃうんだなぁ

Img_5442 Img_5443

〆のふぐ雑炊

ポン酢を少し絡めてね (^^ゞ

Img_5444_2 やっぱり完食ですか

太るよね

また最後のデザートは

Img_5446 手作りアイスに苺がたっぷり

これも美味しかった

お腹いっぱい こんなに豪華に頂いて

メンバーのお知り合いのお店ということもあって

驚くほどお安くしていただきました

シェフ ご馳走様でした

ほんと 美味しかったです(^0^)

マローネンの会 今年の〆にふさわしいお料理だったね

この5人組

2~3ヶ月に1回は逢って積み立てをしてます

二年後には 豪華美食旅行をしようね!って

今から 楽しみ楽しみ

って 貯めている間にも散財しちゃってるよね(#^.^#)

| | コメント (4)

2007年11月28日 (水)

今週も‥(#^.^#)

Photo_21

ちびたのパン

今週もパン・ド・ミー と プチパンのみです

29日(木)16時頃 武蔵小杉の「小菊堂」さんにて

販売させていただきます

Photo_10

23

パン・ド・ミー 1/2斤 ¥230-

Pian_2

プチパン 5個入り¥240-

Img_2251

Photo_3

武蔵小杉駅より foot

府中街道へ出て 仲原警察署前 左折

サライ通り商店街を抜けた先です 地図

営業時間は木、金、土、日の12時~18時

営業時間、パン販売日は

予告無く変更される場合があります

お手数ですがお電話にてご確認ください telephone

ただ今 「ちびたのパン」はお休みさせていただいております

| | コメント (4)

2007年11月27日 (火)

Enchante !!

Enchante とは フランス語で 

初めまして という挨拶の言葉

昨日は、ちびたにとってのEnchanteの会が

Hanaのお宅で開かれた

メンバーはHanaのblogでおなじみの

Hirokoさんとミツフィーさん 

そしてHirokoさんのお教室の生徒さん

Eriさんの5人

お噂はかねがね お逢いできるのを楽しみにしておりました

皆さんが来られる2時間前にHanaの家に着く

お手伝いを‥と思っていたけど

まったくそんな必要もなくHanaは手際よく準備を進めていた(^。^)

Hana5_2 Hana1

いつも素敵なHanaのお住まい

そうそう「PLUS1リビング」12月号にこちらのお住まいが載りました

皆さん ごらんになりました?

ちょっぴり紹介

_edited3 _edited1_4

本屋さんで見かけたら手にとってみてね

素敵よ(^。^)

夜の7時半

ゲストたちがお見えになりました

お互い、blogで拝見しているイメージってやっぱりちょっと違ったりして

面白いです

でも美味しいものが大好きな5人 

初めてお逢いした者同士 なんて感覚なく

すぐに盛り上がってしまいました(#^.^#)

ソムリエールのHirokoさんが一本目のワインを開けてくれます

Hana11

ロワールの白

シュナン・ブランの果実味が

素晴らしいワイン

Hanaのお料理に合わせて持ってきてくれました

さて、Hanaのお料理は

Hana8

前菜が

鹿肉2種

鹿肉のタタキと

鹿肉の和風ロースト

こちらの鹿肉は、いつもコメントを頂く外来さんから頂いたもの

なんでもお父様の趣味が狩猟

今年初めての打った鹿を送ってきてくれ それをお裾分けしてくれましたHana9

外来さん ありがとう

シーズン初めてのジビエです

Hana先生の手にかかってこんな素晴らしいお料理になりました

軽くローストした鹿肉をやさしい和風味で旨さを閉じ込めて 美味しい

タタキも柚子胡椒との相性もよく

新鮮でやわらかくて美味しい (^。^)

Hana10 Hana7

今夜は5人のパーティなので

ちょこんと4人掛けのテーブルの隣にHanaの席が‥

レイアウトが素敵です

Hana17

次はお魚

写真がボケちゃってごめんなさい

鯖のポワレとじゃがいもの温かいサラダ

カレー風味 バルサミコソース

鯖がふっくら 美味しかったです

カレーの風味もいいですね

Hana15

ちびたのパンも

好評でよかったです

ミツフィーさんはパン教室の先生もされていると聞いてたので

お口に合うかしら とドキドキでした(#^.^#)

Hana18 メインは

豚肉とごぼうのトマト煮込み

これもボケちゃってごめんなさい(^^ゞ

牛蒡の香りが程よく効いて

お肉がやわらかい煮込みでした

添えられているのは蕪 この組み合わせもビアンですね

Hana16

ワインもこちらのお料理に合わせて

Hirokoさんが選んできてくれたイタリア・トスカーナの赤と

Eriさんが持ってきてくださった

シャトー・スミス・オー・ラフィット

素晴らしい (^。^)

ワインもお料理もほんと美味しくって幸せです

デセールもHana頑張ってくれました

Hana22

ショコラのパルフェ 洋梨添え

ミント風味のアングレーズソース

上質のショコラも美味しかったけど 

このソース 美味しい

今度教えてもらわなくっちゃ

そして、ミツフィーさんが作ってきてくれた

シュトーレン

Hana19_2

この時期ならではの

焼き菓子ですね(^^)

ラッピングもかわいい

Hana23_2 さっそく一切れいただきます

うん しっとりしていて美味しいです

なかなか美味しいシュトーレンってないけど

これは美味しいです

「小菊堂」さんで売れますよ(笑)

皆さん blogをお持ちなので

Hana20ひとつお料理が運ばれてくるたびに

撮影会が始っちゃいます

なかでもHirokoさんの「ソムリエールのキッチン」は写真が素敵で

そっか こうやってアングルを凝って撮るのね(^^)

きっと今回のお料理も素敵に撮られていると思います

ちびたのボケた写真ではなく 是非 そちらも覗いてくださいね

本当に楽しかった初めてのパーティ

お友達の輪が広がるのって素敵

忘年会もたのしみですね (^。^)

| | コメント (6)

2007年11月26日 (月)

パンとお菓子の研修会 1

11月21・22日 二日間にわたって

Yoshimi Boulangere の「共同研究・勉強会 」に行ってきました

テーマは「パリ・パン屋さん、お菓子屋さんの製品を皆で研究しよう」

鳥越製粉株式会社協力の元

参加型のフランス式製パン、製菓教室です

場所は南船橋にある鳥越製粉東京工場の研究室

Yoshimi Boulangereの芳美さんはパン職人でもあり フランスでのパン研修のコーディネーターでもある

ちびたも’06年9月にParis18区のグルニエ・ア・パンで短期研修をさせてもらった

一日目は仕込みとルヴァンリキッド(天然酵母)の作り方などを学ぶ

3 6 4 5

隣では、パティスりー部門が同時進行している

Photo_3 Photo_4

ここでスタッフ紹介(^^)

200

芳美さんとご主人のロドルフ

真ん中にいるのがまだ17歳のジュリアン

リヨンのショコラリテの息子さんらしい

109 そして 今回参加された研修生

大手有名パン屋さんの職人から

パン屋さんを経営されている オーナーパン職人

パン教室の先生 等等‥

そして 普通の主婦のちびた達JHBS」の講師の方 

鳥越製粉の加藤課長さんには大変お世話になりました

15_2 色々な種類のパンが捏ね上がっていきます

隣ではパティシエ達が美味しそうな焼き菓子をしあげていく

42 これパンドジェンヌといって

フランスのカステラ

素朴ながらすっごく美味しいです

表面だけに付けたスライスアーモンドのパリッとした焼き上がり

中はふっくらアーモンドの生地でできてます

26 27

この日のお昼は、いろいろな具材のピッツァ

Photo_5 Photo_6 Photo_7

と クレーム・ブリュレ

カラメルを底にひくタイプです

これもおいしかったぁ(^。^)

二日目は、寝かしていた生地を成形して焼成に入ります

この成形が難しい・・・

芳美さんの手は魔法の手

44 特にバゲットは難しくて

生地をあまり触ってはいけません

ストレスをかけずに丸めて、伸ばしていきます

簡単そうに見えるけど これがなかなか

プロの先生方も困惑してらっしゃいました

43 52 46 54 59 60

ブリオッシュの生地にオレンジピールとチョコチップを入れたリッチな生地は

色々な形のものを作りました

Photo_8 Photo_9 Photo_10 Photo_11

Photo_12 70

こちらもヴィエノワズリー(デニュッシュ系)の織り込み生地

Photo_14

たっぷりバターを挟んでローラーで織り込んでは冷蔵庫で休ませる

これは家庭では真似できません

ローラーの圧で綺麗な層ができるんです

Photo_15 Photo_16

クロワッサン

右下あたりのが、ちびたが丸めた奴(#^.^#)

Photo_17 Photo_18

パン・オ・レザン

クレーム・パティシエール(カスタード)をひいて

レーズンを並べていきます

Photo_19 Photo_24

丸めて、カットして、並べる

Photo_21 Photo_22

パン・オ・レザンが焼きあがりました

これ ちびたは食べれなかった(;_;)けど

家に持ち帰ったのでケビンが「ヘンな洋菓子買うよりよっぽど美味しい」と感動してました

72 74 82 84

クロワッサンも焼成に入ります

Photo_23 83

ハード系のパンもどんどん焼きあがります

94_3 89_2 88 95

左下がタルティオンといって

バゲッド生地をねじって焼き上げたもの

同じ生地でも成形を変えるだけで又ちがった味わいのパンになる

86 87

この気泡の空き方が美味しいバゲットの見分け方

そして 何層にもなったクロワッサン

まだまだどんどん焼きあがります

91 63

パン・オ・ショコラにパン・オ・フィグ

64 92 96 106

この日のお昼は焼きたてのパン食べ放題

全種類食べたいけど 無理…。(^.^;)

90

数種類のパンと

スタッフが用意してくれたオニオンスープとサラダ

ハム フロマージュ

午後は飾りパンを作ります

そして 美味しいパティスリーのご紹介

つづく‥

| | コメント (1)

パンとお菓子の研修会 2

次はお菓子部門の紹介です

製パン作業をしている隣で

パティシエ達が次々とお菓子を仕上げていきます

97_2 99_2

思わず 浮気をしてしまい(#^.^#)

粉だらけのエプロンからデジカメを取り出し

パチリ! ん~ん こちらも真剣に習いたい

61 カラメルの上にスライスした林檎を並べて

タルトタタン

これも美味しいよね

こちらも、ちびたは食べれなかった

だって 試食がいっぱいありすぎて全部は無理だった(;_;)

崩れるからお持ち帰りはできなかったし‥

105 この右側の焼き菓子なんて名前でしたっけ

分かる方教えてください

62 ソボロ状の生地が入っててすごく美味しいんです

こちらもフランスの代表的な焼き菓子ですよね

Photo 107_2

こちらのビスキュイ生地のケーキ

これは半ホール、ラップに包んでお持ち帰りできました

美味しかったものぉ(^0^)

Photo_2

アマンドキャラメリーゼの生地

まだやわらないうちに型にはめて

さて 何を作るのでしょうか‥(^^)

Photo_3 ひっくり返して

他の部品も出来たようです

Photo_9 Photo_10

こちらは小さなシュー生地を絞ってます

Photo_11 Photo_12

表面がボコボコしない配合だそうです

Photo_13 Photo_14

いっぱい焼きあがりました

Photo_15 Photo_16

穴をあけて、クリームを入れて

カラメルにつけて 砂糖をまぶして

あっ そろそろわかったかな? (^。^)

Photo_17 Photo_18

部品をくっつけて 王冠みたいな台ができあがりました

Photo_19 Photo_20

プチシューを積み上げていき‥

そうです クロカンブッシュを作ってるんです

おもしろいねぇ (^。^)

Photo_21 ピエスモンテ

飾りを付けて出来上がり~

これは後ろ姿だけどね

さて、午後から作った飾りパンは‥

Photo_22 Photo_23

スティック状に生地を伸ばし

それを三本 三つ編みにします

Photo_24

ここまでは前日の作業

各自テンパンに乗せ

寝かしておきました

今日は飾りに使う部品を作って行きます

Photo_25 Photo_26

おたまじゃくしの長~いのを作ったら

カッターで二本切れ目を入れ

その間をハサミでちょきちょき

稲穂ができあがります

丸めたり 三つ編みにしたり

Photo_27 いろんなやり方で部品を作っていきます

かなり面白いです

皆さん 無口になっちゃって張り切りました(#^.^#)

Photo_28 ハサミの先でブスブス穴をあけて

部品を差し込んでいきます

これは芳美さんの作品

バラが綺麗です

Photo_33

こちらがちびたの作品

バラが硬いです(^^ゞ

使用した生地が少し厚かったせいもあって

もう一度ローラーかければよかったな

Photo_30 皆さんのもどんどん焼きあがりました

こういう作品は個性がでて面白いですね

Photo_31

焼きあがった

ちびたの作品

やっぱり ずんぐりむっくり

製作者に似てしまうのねぇ …。(^.^;)

こうして 二日間の研修は終了しました

とっても勉強になりました

Parisのグルニエ・ア・パンで粉まみれになって働いた

あの一瞬が蘇ってきた

懐かしい 粉の現場

なかなか 家庭でこのような製法は難しいけど

この体験を元に また「ちびたのパン」の原点になって

頑張っていきたいな って思う

パンが焼けた匂い パンの美味しさは人を幸せに出来るから

_edited1

芳美さん ロドルフ ありがとうございます

またParisで逢いましょう

そして 写真はなかったけど

パン職人のケンちゃん いろいろありがとう

次回のボナペティの会にはきっと参加します

一緒に研修を受けた初対面の方々

たくさんの刺激をいただきました

ありがとう

そして、最後まで気持ちよく研修会をさせていただいた

鳥越製粉株式会社の加藤課長さん

社員の皆様

本当にお世話になりました

この場を借りてお礼申し上げます

そして たくさんのパンをお土産にいただきました

Pain1_edited1 翌日はお友達たちにも配りました

皆さん 美味しい 美味しい って大評判

そうです 芳美さんのパンは本当に美味しい

皆さん Parisへ行ったら

モンジュのパンも メゾンカイザーも ポワラーヌも

もちろん美味しいけど

是非 9区にある「Rodolphe Landemaine」に足を運んでみてください

来年の夏には大改装してお店も大きく変わるそうです

今回はなかったけど ロドルフの作るマカロンもとっても美味しいですよ

Pain2 最後に‥

半分頂いてきたビスキュイ生地のケーキ

しあわせ (^。^)

| | コメント (4)

2007年11月24日 (土)

今週は

Photo_22

ちびたのパン

今週はパン・ド・ミー と プチパンのみです

本日、お昼過ぎに武蔵小杉の「小菊堂」さんにて

販売させていただきます

Photo_10

23

パン・ド・ミー 1/2斤 ¥230-

Pian_2

プチパン 5個入り¥240-

Img_2251

Photo_3

武蔵小杉駅より foot

府中街道へ出て 仲原警察署前 左折

サライ通り商店街を抜けた先です 地図

営業時間は木、金、土、日の12時~18時

営業時間、パン販売日は

予告無く変更される場合があります

お手数ですがお電話にてご確認ください telephone

ただ今 「ちびたのパン」はお休みさせていただいております

| | コメント (0)

2007年11月20日 (火)

パン友と‥

今日はパン友のSatokoちゃんUnoちゃんと

ひさびさお食事会

場所は大岡山の小さなレストラン

R1 R2

Fleur de Sel(フルール・ド・セル)

駅から歩いて5分程

商店街を抜けたあたりにある

ランチは2500円

で、アミューズ

R4

京にんじんのムース

前菜は3種類から選べる

Satokoちゃんが選んだ

R6

小粒トマトのキッシュ

かわいいトマトがぎっしり

Unoちゃんは

R5

鰤のエスカベッシュ サラダ仕立て

ちびたは

R7

トマトとずわい蟹のサラダ

どれも美味しい(^^)

そして野菜スープ

R8

こちらも契約農家さんのお野菜

やさしい味が濃縮されたブイヨンになっている

メインはスズキのポアレ パプリカのソース

又は岩中豚のバラ肉のりんご酢煮込み

R9_edited1

三人ともお肉をセレクト

りんご酢でさっぱり仕上げた

美味しい豚ちゃん

コラーゲンたっぷりの脂身も美味しい

赤キャベツもりんご酢でマリネ

美味しかった

デセールは4種類から選べて

R10_edited1 R11_edited1

ちびたはブランマンジェとアマレットのアイス

二人はかぼちゃのプリント紫芋のアイスを選んだ

これに珈琲・紅茶・エスプレッソが選べて2500円

お味はかなり美味しい

野菜もお肉もお魚もとてもいい

ん~ん 東京ってレベル高いな!

まっ 世界でもっとも星付の多い美食の街 ですものねぇ(#^.^#)

そういえばミュシュラン東京で三ツ星を獲得したフレンチレストラン

ロブションとロオジエはわかるけど

カンテサンスはちょっと驚き(^^)

若き岸田シェフ

食材選びと斬新な料理で評価は高いお店だけど

これでまた予約が取れなくなっちゃうね

話が横道に反れたついでに

ミュシュランの星のマークって 星 に見えませんよね

なんだかお花みたい

で、フランスの料理人の間ではエトワール(星)とは言わず

マカロン と呼んでいるそうです

星三つ は トロワマカロン って具合です

マカロン ん~ん あのかわいらしいマークはたしかに星よりマカロンに近いかも(^^)

マカロンは「勲章」という意味もあるそうです

星は料理人にとって勲章なんですね きっと(^。^)

さて パン友の三人

話すことは、やはりパン作り

いろいろ情報交換ができた有意義な時間でした

帰りに近くにあるパン屋さんへ寄った

ドイツパンのお店Schomaker(ショーマッカー)

D2

ドイツパンなんてめずらしいでしょ

なんでもSatokoちゃん曰く

プレッツェルが美味しいらしい

D1

大岡山の商店街から少し路地を入った所

若いお兄さんが一人でパンを仕込んでた

Img_5091 Img_5093 Img_5095

店内に並ぶパンを品定めするかのようにトーキングしている私たちに

声をかけてくれた店主

私たちパンやってるんです って言ったら

そうだと思いました お話聞いてて

って笑顔で答えてくれて

こちらで使われている酵母の中種までみせてくれました

日本には美味しいフランスパンのお店はいっぱいあるけど

ドイツパンってまだ少ないでしょ

と誇らしげにドイツパンの良さを語ってくれました

美味しいよね ちょっぴり酸味の効いたドイツパンも好きです

Img_5096_edited1 Img_5094_2

お勧めのプレッツェル・ストレートと

オニオンフライのパンとラズベリー・チョコ入りのパンを買って帰りました

Photo Img_2742

東京は世界中の美味しいものが手に入るワンダーランドだね

明日、明後日は

Parisのパン屋さんが日本に来日

二日間研修を受けてきます

実り多い結果もまた こちらで紹介させてもらいますね

お楽しみに (^。^)

| | コメント (1)

2007年11月19日 (月)

ただ今製作中

Photo_2 先週の金・土と

一泊で京都へ行ってきました

2週間前に親知らずを抜いたケビンは

まだ抜歯後の腫れもひかず

痛みもあり食事が上手くとれなくてかわいそうでした

どうやら骨を削った時神経を傷つけちゃったのかな?

それでもナイフとフォークを借りて細かく刻んではお口に運んでいたケビン なんとか食べれて良かったね

京都の美味しい報告と

紅葉情報 ただ今製作中

400枚近く撮ってきた写真の編集にかかっております

お楽しみに (^。^)

京都の旅は「こちら」 (^^)

| | コメント (2)

嵯峨野路

11月16日(金)

始発の新幹線のぞみに乗って京都へ行ってきました

昨日まで暖かかったのに今日は寒そうです

ちびたにとって10何年ぶりの京都の旅です

まずは嵯峨嵐山駅からタクシーに乗って

「清滝渓谷」へ

Photo

朝のひんやりとした空気が気持ちいいです

残念ながらお空は曇り空

紅葉も少し霞んでいました

Photo_2

古い旅館

このひなびた感じが素敵です

ここから高尾へ登ればもっと紅葉も綺麗でしょう

私たちは待ってていただいたタクシーに乗り

愛宕念仏寺」へ

Photo_3

愛宕(おたぎ)念仏寺は

化野(あだしの)念仏寺のようにたくさんの石仏はないけど

静かな境内に並ぶユーモラスな石仏の姿を眺めるのがいいんです

Photo_4

Photo_5

自分や友人に似た顔がひとつは見つかるそうなので

ゆっくり探してみるのも面白いですよ

Photo_6

Photo_7

Photo_8

ここからはずっと下り坂

まだ人気の少ない嵯峨野路を ゆっくり歩いて嵐山の渡月橋まで向かいます

Photo_9

Photo_10

Photo_11

Photo_12

ここが化野念仏寺の入り口です

Photo_13

ここまでぶらぶら歩いて30分ぐらい

みたらし団子を食べながら‥

写真を撮りながら‥

ゆっくり歩きました

化野念仏寺は今回は入らず

次のお寺さんへ向かいます

祇王寺

Photo_14

苔のお庭が美しいです

Photo_15

Photo_16

ここまで下りてくると観光客もたくさんになりました

修学旅行の学生さんもいっぱい

賑やかです(^^)

Photo_17

「落柿舎」

しぶ柿の枝がいいですね

秋 まっさかりな画です (#^.^#)

Photo_18

田んぼの脇の秋桜‥

Photo_19

「常寂光寺」

Photo_20

Photo_21

お空が青かったらもっと綺麗に映るのに

ちょっと残念

今年は夏が暑かったから モミジが紅葉する前に焼けてしまったそうです

たしかに葉の先が縮んでいます

Photo_22

正午前 亀山公園へ着きました

今日のお昼は予約をしておいた

松籟庵」で湯豆腐懐石をいただきます

Photo_23

Photo_24

Photo_25

Photo_26

桂川が見下ろせる席

窓から覗くモミジが綺麗

私たちには充分な紅葉も地元の方は

「もっともっと赤くなるんですよ」と答えてくれた(^^)

渡月橋からそう離れていないのに

ここは人も少なく静かな川面を眺めお食事が楽しめます

Photo_27

時たま 保津川下りの船から楽しそうな声が聞こえてきます

Photo_28

11月お献立は 焚き火をイメージされたそうで

赤いお野菜がパチパチ燃える焚き火

籠に入った牛蒡さんが薪

そして落ち葉を集めた炒りおからとモミジの生麩がかわいらしい

遊び心満載ですね(^。^)

Photo_29

湯豆腐はふんわり甘く美味しかった

冷えた身体を心地よくしてくれました

Photo_30

Photo_31

お食事の後、渡月橋に出るとすっごい 人ごみ

Photo_32

それを避けるように足早に嵐山駅を渡り

コインロッカーに荷物を預けていた嵯峨嵐山駅へ

途中 かわいいカフェを見つけました

Saganoyu1

SAGANO-YU

中に入ってびっくり

こちらは銭湯だった建物を改装したカフェだったのです

あ~っ だから SAGANO-YU ね

Saganoyu2

残念な事にお店の中は撮影禁止

こちら」に写真が載ってました

洗い場やシャワーやらがそのままでとにかくかわいいのです

ここで お抹茶のセットを頂き

電車に乗って祇園へ向かいました

次は、祇園の素敵なお宿の紹介です (^。^)

| | コメント (4)

柚子屋旅館

Photo_33

ちびた達がとった宿は

八坂神社の脇にある柚子屋旅館

京都へ行くならこちらに泊まりたい

とずいぶん前から予約を入れた

Photo_34

小さな門から急な石段を登ると 玄関につく

格子戸を開けると 土間風のロビーになっており

Photo_35

入って左手がレセプション

Photo_36

右手にはおくどさん

Photo_37

中庭を囲むように回廊があり

二階は客室

9室しかないこじんまりしたお宿

こちらに決めたのは

ロケーションの良さもあるけれど‥

なんてったて柚子づくしのお料理に惹かれていたのである

ますは 柚子湯に入って

旅の疲れをとりましょう(^。^)

Photo_38

お夕飯は一階の個室で頂く

お献立は‥ 「霜月」

「先付け」の 柚子釜 白子の蕪蒸し

Photo_39

ほんのり柚子の香りで美味しいです(^0^)

「八寸」 秋野菜の籠盛り

Photo_40

紅葉の葉の下には

Photo_41

旬の京野菜が

Photo_42

柚子味噌 徑山寺味噌 鯛味噌

好みの味噌を付けていただきます

いやぁ 何もつけなくても美味しいです

上の写真は京蕪と金時人参そして生麩

蕪はフルーツみたいに甘くてジューシー

Photo_43

ピリッと辛い青味大根

Photo_44

九条葱は徑山寺味噌を

Photo_45

柿には柚子味噌が美味しいといわれ

ほんとだ

柚子と柿って合うのね(^。^)

下にあるのは渋皮の付いた栗

そのまま頂きます

ほっこり美味しいです

「揚物」 海老芋に松茸

Photo_46

秋の香りですね

「造り」 甘鯛と寒鰤

Photo_48

この寒鰤

とっても美味しかったです

「焼物」 甘鯛 守口大根 柚餅子

Photo_47

Photo_49

ケビンは頭の方でした

「酒肴」 珍味三種盛り

Photo_50

ボケちゃったけど

アンキモやホヤの塩辛など

酒飲みにはたまらない(#^.^#)

そして メインの「鍋」

今日は鴨鍋だそうです (^0^)

Photo_51

お出汁のいい~香りがしてまるごと柚子が入ってます

Photo_52

鴨と鶏のつくね

お姉さんが入れてくれます

Photo_53

つくねはもう少し煮えてからのお楽しみ

Photo_54

たっぷりの九条葱とみぶ菜を入れたら

いよいよお待ちかね

Photo_55

京鴨 投入

こちらはあまり火を通さずにサッと煮ましょう

ほんと おいしゅうございます

つくねも良いお味で

葱もシャキシャキ 鴨 かもぉ~ kamo~

旨いのだぁ (^0^)

最後は 柚子雑炊

Photo_56

いい感じです

Photo_57

ここまでずいぶん食べてきたけど

Photo_58

完食です

最後の雑炊まで全部食べたなんて 今までなかった

そのぐらい 美味しかった

Photo_59

千枚漬けも美味しかったし

Photo_60

「甘味」のお餅も

へっ 餅! って思ったけど

胡麻の香りと香ばしく焼けた皮と甘さ控えめな餡が美味しくて

ペロッと食べてしまいました

柚子屋旅館 

こちらのお夕飯は泊まり客でなくてもいただけます

お食事だけでもやってるので

是非 お勧め 

今度は鯛鍋も食べてみたいなぁ

お夕飯前に散歩した

八坂さん

Photo_61

Yasaka

Photo_62

Photo_63

知恩院三門

白川南通り

Photo_64

Photo_65

Photo_66

Photo_67

川沿いの店や旅館

ボケちゃって残念

三脚ないとダメですね(^^ゞ

Photo_68

Photo_69

明日は清水寺界隈と念願だったキンゾーさんの洋菓子を食べに行きます

お楽しみに(^。^)

| | コメント (4)

東山

Photo

柚子屋旅館の朝ごはんは

おくどさんで炊いたお粥さん

坪庭の見えるお部屋でいただきます

Photo_2

Photo_3

お粥さんには柚子あんをかけて‥

Photo_4

一の膳

万願寺唐辛子のジャコ和えや汲み上げ豆腐

みぶ菜のお浸し 花豆と赤こんにゃく

下の段は思い出せませんが どれも美味しかったです

Photo_5

二の膳

出汁巻き卵 甘鯛の西京漬け

これ とっても美味しかったです

赤出汁のお味噌汁もあっさり味でおいしい

そして 今朝も 完食

Photo_6

ん~ん 朝からこんなに食べていいのだろうかぁ

ゆっくり朝食をとって荷物をまとめる

今日は良いお天気だ

チェックアウトを済ませ、宿の前からバスに乗り

三つ目の「東山五条」で降ります

ここから茶わん坂を登って清水寺へ

と その前に ひとつ路地を入った所にある

Photo_7

焼司 喜七」へ

黒糖で作ったシフォンケーキを買いに行きます

こちらは「祇園きなな」の焼き菓子工房

店内はきな粉のいい~匂いが溢れてました

黒豆のパウンドケーキも美味しそうだった

買ってくればよかったなぁ。。。

坂を登り 清水寺に着きました

Photo_8

さすがすごい人です

今日は土曜日だしお天気もいいしね

Photo_9

Photo_10

Photo_11

Photo_12

Photo_13

清水焼のお店を見ながら産寧坂へ

Photo_14

Photo_15

Photo_16

イノダ珈琲」で一休み

ケビンは「アラビアの真珠」もちろん砂糖・ミルク入り

ちびたは「コロンビアのエメラルド」ブラックで

ここの珈琲は美味しいですね(^。^)

ケーキも食べたいところ

キンゾーさんの洋菓子が待っているのでぐっとこらえます(#^.^#)

Photo_17

Photo_18

Photo_19

Photo_20

Photo_21

二年坂を下り ねねの道へ

Photo_22

Photo_23

Photo_24

石塀小路を散策して

今度は「都路里」で一休み

抹茶ソフトクリームを食べてお土産買いました

本当は抹茶パフェ食べたかったけど

キンゾーさんの洋菓子が待っているので またまた我慢です(#^.^#)

Photo_25

通りかかった舞妓はん

観光客の写真撮影に笑顔で答えてくれます

Photo_26

Photo_27

「洛匠」の店先にあった紫式部

綺麗でしょ (^。^)

Photo_28

そして‥

円山公園の枝垂れ桜

Photo_29

Photo_30

満開の桜も素晴らしいけど

この 今にも落ちていきそうな

紅葉した葉をしっかりとつけているりりしい姿に

パワーを感じてしまいます

| | コメント (3)

いい仕事‥

Photo_31

再び八坂神社から

白川南通りへ出る

Photo_33

Photo_34

Photo_35

Photo_36

Photo_37

お昼は「いづ重」のお稲荷さん

Photo_38

さすがに昨夜から食べ過ぎているので

お昼は軽くいきたい

「いづ重」といったら鯖寿司でしょって?

でも、ちびたが選んだのは「お稲荷さん」

これが大当たりでした

甘すぎないおあげ

柚子の香りの寿司飯

時たまピリッとくる香辛料系は何?

山椒? と思ったら麻の実だそうです

おいしい こんなお稲荷さん 初めて

ちょっと感動

このほかに九条葱が入った「大人のいなり」というのもあるそうです

でも、ちびたはこれが気に入ったな

お稲荷さんを鴨川の近くの公園でいただき

河原町を歩きます

すごい人で通り抜けるのも大変(^^ゞ

錦町市場

Photo_39

Photo_40

Photo_41

Photo_42

まつたけよ♪

Photo_43

Photo_44

こちらはちりめんで作ってあるお寿司です

かわいい(^^)

Photo_45

Photo_46

錦町市場を抜けるあたり

少し路をそれるとある

パティスリー  オ・グルニエ・ドール

Photo_47

オーナー・パティシエ西原金蔵さんのお店

京都へ行く機会があったらぜったい寄りたいと思っていたお店

オ・グルニエ・ドールAU GRENIER D'OR)

フランス語で GRENIER は蔵 D'OR は金の で金の蔵

AU GRENIER D'OR は金蔵さんの名前なのだ

Photo_48

小さな隠れ家のようなお店は

キンゾーさんの洋菓子を愛するお客さんで列を作っている

ここは席を待っているあいだにショーケースへ行って先にケーキが選べるの

嬉しいシステムね

待ち時間が短く感じます

Photo_49

代表作のピラミッドも捨てがたいけど

キンゾーさんの林檎のタルトが食べたくてやってきた私たち

Photo_50

ケビンは迷わず林檎のタルトだそうだ

写真がうまく撮れてないけど

もっと美味しそうなんだよ~

ちびたはいっぱい悩んで

Photo_51

ベリー系のとマロンが乗ったタルトになった

なんだか似たようなのになっちゃったな

ブリュレに乗ったオ・リ(お米のお菓子)も食べてみたかったな

もちろん このケーキはケビンと半分こして食べました

さすがに美味しかった

文句無く美味しかった (^。^)

いづ重もグルニエドールもいい仕事してるなぁ。。。

さてと‥

夕飯の時間まで2時間半ほどあります

ケビンと何処へいこうか相談

もう足は棒 あまり歩きたくない

こじんまりと歩ける境内がいいね

で、タクシーに乗って 最後は

わび・さび の「銀閣寺」へ

| | コメント (2)

京都の旅 秋

Photo_52

旅の最後は 銀閣寺

Photo_53

Photo_54

7

8

ここはもう言葉は要りませんね

夕陽に渋く光る銀閣寺

銀沙灘はいつ見てもみごとです

程よく日も暮れて

再びタクシーで宿に戻り

荷物を受け取り最後の夜を過ごします

お箸でいただくフレンチレストラン

9

TAMURA

祇園の小路にあるこじんまりとしたお店

落ち着いた佇まい

いいですよね

Photo_55

カウンターでフレンチなんて

なんだかワクワクします

フレンドリーな料理人たちとお話ししながら

美味しいお料理とお酒がいただけます

Photo_56

契約農家の新鮮な京野菜と

旬の魚介類を組み合わせたお料理

どれも美味しかったです

Photo_59

Photo_60

Photo_61

Photo_62

Photo_64

Photo_65

Photo_66

なかでも、前菜に出てきた河豚のお寿司は美味しかったぁ

佐賀牛のステーキも(゚∇^d)グッ!

ここの面白いのが なんとフレンチなのに

最後はご飯と味噌汁なんです (^。^)

Photo_57

のご飯がまた良く炊けてて美味しいこと

そしてデザートの盛り合わせ

Photo_58

こうして京都の夜も更けて‥

私たちは最終の新幹線のぞみに乗って帰ってきました

一泊二日の京都旅行

よく食べた よく歩いた よく写真撮った (#^.^#)

で、 お土産~ (^0^)

Photo_67

「焼司 喜七」の黒糖シフォン

黒糖が後を引く さっぱりしっとりた美味しいシフォン

お煎茶にも合います

Photo_68

オ・グルニエ・ドールの焼き菓子 (^0^)

Photo_69

Photo_70

Img_2735

「こと路」のちりめん山椒と汐吹きしいたけ

Photo_71

Photo_72

柚子屋旅館オリジナルの

柚子胡椒と柚子石鹸

Photo_73

Photo_74

足袋型ソッスクと辻利のお菓子

Photo_75

記念に買った紫檀の箸

大事に使おうね ケビン(^^)

Photo_76

錦町市場で買ったむかご 伏見唐辛子 金時にんじん

安かったの 金時人参が180円よ!

人参ポタージュ作りましょか

それとも摺ってにんじんパンにしましょうか

Img_2729

伏見唐辛子は網で焼いて

むかごは むかごご飯に

Img_2738

Img_2739

残った分は翌日、素揚げで塩・胡椒

みんな美味しくいただきました

ご馳走様でした

京都の旅 秋

             おしまい (^。^)

| | コメント (3)

ケビンの写真館 京都

夫 ケビンが撮った写真です

同じ場所でもまた違った良さがでてます

マニュアルで撮っているので綺麗ですよ(^。^)

Fh000003

Fh000007

Fh000011

Fh000012_2

Fh000013

Fh000017

Fh000018

Fh000022

Fh010011 Fh010017

Fh000039

Fh010022

Fh010023

Fh010024

Fh010032

Fh010037

Fh000010

| | コメント (2)

2007年11月18日 (日)

ちびたのパン

Photo_24

おかげさまで「ちびたのパン」好評 完売が続いております

ありがとうございますm(_ _)m

もっと焼いて欲しい という嬉しい声も頂き

本当にありがとうございます

23

人気の プチパンとパン・ド・ミー

19

どちらもホシノビール酵母使用で乳酸菌もたっぷり

お粉は、北海道産はるゆたか100%

塩は、沖縄のシママース

お砂糖は、種子島の洗双糖

お水はアルプスの天然水

身体にやさしい材料で捏ね上げたもちもちパンです

次回の販売予定は

11月24日(土)

武蔵小杉の「小菊堂」さんにて

また クリスマス時期にはクグロフの販売を予定しております

13

お楽しみに (^。^)

これからも

「ちびたのパン」をよろしくお願いいたします

| | コメント (2)

2007年11月14日 (水)

明日です(^。^)

Photo_25

ちびたのパン

今週の発売日は明日 木曜日です

今回は‥

Paindumi

23_2

パン・ド・ミー と プチパン

どちらも国産小麦「はるゆたか100%」使用の

もちもちパンです

Pian

パン・ド・ミー 1/2斤 ¥230-

Outit

プチパン 5個入り¥240-

Orenge

そしてオレンジ風味のライ麦パン

フランス産オレンジピールがお口の中で広がります

胡桃 カレンズ 黒胡麻 入りのリッチなパン

2個入り ¥250-

武蔵小杉の「小菊堂」さんにて販売させていただきます

Photo_3

武蔵小杉駅より foot

府中街道へ出て 仲原警察署前 左折

サライ通り商店街を抜けた先です 地図

営業時間は木、金、土、日の12時~18時

営業時間、パン販売日は

予告無く変更される場合があります

お手数ですがお電話にてご確認ください telephone

| | コメント (2)

2007年11月10日 (土)

そうだ ワイナリーへ行こう

ちびたの元にやっと届いたBook1

Hanaが手がけた本 「ヴィニュロンたちの食卓」

やっと‥ というのは‥

もう ずいぶんと前から この本の出来上がりを楽しみにしていたからである。。。

サンクゼール」さんのブランドブックであるこちらの本は

長野県のワイナリーの 四季の風と

Hanaの素敵なレシピで出来ている

偶然にも校正の段階でHanaの自宅へ届いたとき居合わせた ちびた

一足先に拝見させていただいた

もちろん まだ頁の余白が大きくとってあったので

今回手にした時

そのかわいらしいサイズに少し驚いた(^。^) 

頁をめくると そのかわいらしいサイズから飛び出してくる

サンクゼールの世界

Book3

春‥

小さな葡萄の苗木

そう 

この苗木のように

夢と不安をいっぱいに脹らませたHanaがいた

そして 今日まで この本のために頑張ってきたHanaを見ていたから

なんだか ずうずうしくも 自分の事のように嬉しいのだ

Book9 ヴィニュロンとはワインの造り手のこと

大地の恵みと愛情をたっぷりかけてもらった苗木たち

枝を伸ばし 葉を付け 綺麗に剪定してもらいながら やがて実をつける 素敵な物語

Book8_2

それを飾る Hanaのお料理たち

Book5 Book10

ん~ん (#^.^#)

このぐらいでオシマイ

これ以上は是非

あなたがこの本を手にとってごらんください

レシピ本として、写真集として、素敵なポエムとして

きっと満足できると思います(^。^)

Book4

ちびたが気に入った

とっておきの一枚が

これ

年配のご夫婦が仲良く食事をされている風景

素敵だ

ちびたも ケビンといつまでも

いっぱい歳を重ねても

こうやって仲良く美味しいものを頂きたいって

思わせてくれた

そんな一枚でした

Book11

最後に載せられた

サンクゼール・オーナー 久世氏のお話も

とってもよかった

欧州の田舎暮らしに魅了され

その土地で根付こうと頑張る日本人達も素晴らしいけど

生まれた国で 憧れとする生活スタイルを造る

これまた素晴らしい事 と感銘を受けました

Book2

そして Hanaのエッセイ 素敵すぎます

あなたらしさが たっぷりでていて

ちびた ちょっと胸が熱くなりウルッとしてしまいました

日本のワインを推進している辰巳琢郎さんも

高い評価を出しているサンクゼールのワイナリー

来春こそは‥

そうだ ワイナリーへ行こう! (^。^)

| | コメント (5)

パン・ド・ミー

Photo_26 パンが焼きあがりました

今週のパンはパン・ド・ミー

綺麗に釜伸びしてくれました

Photo_29

1/2斤で4個

今週はこれだけ(^^ゞ

実は昨晩 トマト酵母でプチパンを作りましたが

お味が納得いくものではありませんでしたm(_ _)m

Img_2302

Photo_28

皆さんに 美味しく食べていただくよう

これからも勉強していきたいと思います

Pian_3

こちらのパン・ド・ミー 1/2斤 ¥230で

武蔵小杉の「小菊堂」さんにて

販売させていただきます

Photo_3

武蔵小杉駅より foot

府中街道へ出て 仲原警察署前 左折

サライ通り商店街を抜けた先です 地図

営業時間は木、金、土、日の12時~18時

店頭に並ぶのは 本日、14時頃の予定です

皆様のお越しをお待ちしております m(_ _)m

| | コメント (5)

2007年11月 9日 (金)

まだまだ研究段階‥

先日仕込んだ自家製酵母

Img_2290 Img_2291

バジルとトマト

Img_2298 Img_2295_2

作り方は簡単

かぶるぐらいの水と少しの蜂蜜

ジャムの空き瓶などで密閉して一日に1~2回蓋をあけるだけ‥

バジルは水を入れたら生き生きしちゃって水面から頭をだした

カビないかなぁ。。。と思ったけど

両方とも6日ほどで上手く発酵してくれた

Img_2299 Img_2302

レーズンみたいにシュワシュワあわ立たないから

これでいいのか? 見極めが難しい

でも、蓋を開けたときプシュッって音がしたから大丈夫だろう

とにかく初めてなのでなんでも挑戦である(^。^)

Img_2312

中種つくりは発酵エキスに強力粉を混ぜ

再び発酵させ

水と粉を継ぎ足しまた発酵させる

この工程を3回程繰り返す

いいぐあいに膨らんできた

うまく酵母が育ったみたいだ

バジルとトマト それぞれの香りがする

さっそく 一日早く仕込んである「バジル種」でパンを焼いてみた

Img_2314

一次発酵は常温で約6時間

で、このぐらい膨らんだ

この後、分割 ベンチタイム 成形と進む

Img_2316 今回は8等分で丸めてみた

二次発酵 綺麗に膨らんだよね

Img_2318 クープを入れてオリーブオイルたらして

焼成時間はどうしようかなぁ

いろいろ悩んで210℃ 20分でやってみた

Img_2320 まぁ なんとか

綺麗に焼きあがったかな

(^。^)

Img_2321_2 Img_2322_2

どれ お味見!

と ちぎって口に入れたとたん

んっ ? へんな香り‥

なんだろ これ バジルの香り??

ん~ん パン自体は綺麗に膨らんでモチモチしているけど

なんか気になる味も残る‥

今、歯医者さん通いで詰め物のセメント?の味がいつもしているので

そのせいかなぁ

ケビンに味見してもらうと気にならないよ って言う

でも まだ これは改良の余地がある

今回、準強力粉のトラディショナルを使用した

次は、トマト酵母で強力粉で焼いてみよ。。。

| | コメント (2)

2007年11月 6日 (火)

歯は大切

先週 ケビンが親知らずを抜いたImg_2294_2

口腔外科で切開して抜いたので

かなり腫れている

右のほっぺに飴玉がはいっているみたいだ

ちびたも経験があるので

辛さはとってもわかる。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

一週間は腫れはひかないだろう。。。

食事は固形物がお口に入らないので

春雨スープとか、具の入ってない茶碗蒸しとか、ただの素うどん が続いた

このままじゃ野菜不足だし、蛋白質もちゃんと採らなきゃいけないし‥

で、もう痛みもだいぶ和らいだようなので 今夜はやわらかめに茹でたスパゲッティにしよう♪

カッペリーニが残っていたので冷製パスタにした

Img_2178

レアールシェフ

「なかなかいいドレッシング」を使ってみた

このドレッシング 炒め物にも美味しかった(^0^)

茹でたスパゲッティを水でしめて

充分水分をとってから

ドレッシングをドバドバ使った

塩を振って冷蔵庫で休ませておいたトマトを和えPasuta

出汁と塩でしゃぶしゃぶにした豚肉も和える

塩を少し強めに利かせて

黒胡椒を挽いてできあがり

さっぱりして美味しかった(^。^)

この時期に冷製パスタもなかなかオツであった

ケビンもツルツル食べてくれて良かった

Onyasai

緑黄色野菜は蒸かしてみた

これも少しやわらかめに‥

ディップは胡麻と醤油とマヨネーズ

少しは栄養採れたかな(^。^)

早く良くなるといいね

でもね 実はちびたも今、歯科通院中

歯根の治療をしているのだけど どうやら抜かなくてはいけないようだ(;_;)

ケビンほど腫れはしないだろうけど‥

やだなぁ~(._.*)

| | コメント (5)

2007年11月 1日 (木)

ちびたのパン

Photo_30

今日から11月

でも、なんだか暖かくて

晩秋という感じではないですね(#^.^#)

さて 「ちびたのパン」は、月初めは他のお仕事があるため

パン作りをお休みさせていただいております

「小菊堂」さんも今週は臨時休業

来週は金曜日から土、日 と営業されるようです

「ちびたのパン」次回販売予定は

11月10日(土)です

Img_5025

先日、トマトとバジルの酵母を仕込みました

Img_2292

上手く酵母が出来上がったら

トマト風味・バジル風味のカンパーニュでも焼こうと思っております

トマトの方はジクジク細かい泡がたってきました(^^)

商品化にはまだ先の話ですが‥

少しづつ新しいパンも作っていこうとおもいます (^。^)

今後とも宜しくお願いいたします m(_ _)m

| | コメント (2)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »