« ホテルの部屋から‥ | トップページ | 思うこと‥ »

2008年5月 5日 (月)

10周年旅行の締めくくりは‥

5月3日(土) sun

昨日買って来た「アルノー・ラエール」のクイニーアマンとエスカルゴ(うずまきパン)で軽く朝食をとり

リュクサンブール公園まで出かけた

Img_4563

Img_4562

お花がいっぱいで綺麗でした

でも、香りが強くて花粉症のちびたには辛かった(^^ゞ

Img_4559

Img_4558

木陰でちよっとひと休み

今日は暑いねぇ

Img_4545

おっ あっちから かわいい奴がやってくるぞ

Img_4546

Img_4548

すっごくちっちやくって かわいいの

まだ お散歩が慣れてないようで

リードに引っ張られながらコロコロ飛び跳ねて歩いていきました

Img_4544

公園では太極拳をやっている方や

テニスやジャキングを楽しむ方

椅子に腰掛けて読書をする方

いろいろです

Img_4555

Img_4549

Img_4565

噴水のあたりは木陰になっていて涼しい

リュクサンブール公園を出て近くのサンジェルマン・デ・プレまできました

お腹が空いたけど今日はこれからお呼ばれされているので

ランチは控えめにと思っています

Img_4567

で、結局馴染みのお店に入り

サラッと海の幸をいただくことに

Img_4569

Img_4571

やっぱりParisに来たらフリュイ・ド・メールですねheart04

今日は本当に暑くって

人込みの中にいると気分が悪くなってきそうです

涼しい風が入ってくるカフェでペリエマンタを飲みながら時間を潰す

いつのまにか ウトウト

Parisのカフェはいつまでも放っておいてくれるので嬉しい

ケビンは本を読んでいたみたいだ

時間が来たので今日の訪問先である

パン職人の芳美さん」宅へ向かう

今回のParis滞在にご自宅へ招待してくださったのです

ちびた 感激である

それも、私たちの帰りの飛行機に合わせて

訪問時間は16時

ランチにもディナーにもならない中途半端な時間なのにだ

芳美さんのお宅は9区にあるブルジョワが住む界隈

立派なアパートメントでお部屋もとても広い

Img_4575

再会の挨拶とケビンの紹介を済ませると

綺麗なお花が飾ってあるテラス席へ案内され

Img_4578

まずはビールで乾杯!

いやぁ 今日は暑いからビールがおいしいねぇ beer

そういえばこの旅行で一度もビール飲んでなかったね

Img_4579

おつまみに出してくださった コレ!

なんだかわかりますか?

生のヘーゼルナッツです

胡桃のようにこちらの道具で割っていただきます

これは日本ではいただけないもので

ちびた いつか食べてみたいと夢見ていたもの

まさか ここで実現できるとはおもわなかった

秋の採れたての頃はもっと美味しいそうですが

ロドルフのご実家ノルマンディの庭で採れたものだそうだ

いいな バケツにいっぱいいっぱいヘーゼルナッツ拾いをする風景

目に浮かぶようです

まだまだ日差しが強かったので

リビングに席を移し芳美さんとお話ししていると

ご主人のロドルフが帰ってこられた

ダイニングへ案内され芳美さんのお料理が振舞われた

Img_4582

Img_4580

Img_4581

プライベートなのでお部屋の写真はここまで

でも、天井とか床とかとても素敵でしたよ

アペリティフにシャンパーニュが振るわれ

「結婚10周年 おめでとう」なんて思いかけずの乾杯に胸がいっぱいになってしまった

Img_4583

パリパリ新鮮な野菜サラダ

芳美さんお母さんの手作りドレッシングも美味しかった

Img_4584

そして、このシャンパングラス

アンティークショップで見つけた1930年のグラスだそうだ

手作りなので足のひねりがひとつづづ違う

硝子の色も現在ではでない色合いでとても美しい

次に運ばれてきたお料理は

Img_4585

海の幸の巻貝とクルベット

わぁ heart04 ランチの時我慢していてよかったぁ

フランスの海老ってほんとにおいしいのよねぇ

塩加減がなんともいえずにいいし

オレンジ色の味噌のベトベトした感じも最高です

そしてこの巻貝 去年デプレのお店で食べたものよりはるかに新鮮で美味しいです

よかったぁ (^。^)

Img_4587

もちろんパンは芳美さんのお店のもの

シンプルなバゲットとコンプレ(雑穀)入りのもの

ん~ん 美味しい

何杯もシャンパンをいただきながら

海の幸とパンを堪能していると

Img_4586

エスカルゴが登場 これまた感激

そーいえばフランスでエスカルゴを食べたのは何年前だろう

あれから食べてない‥

これは冷凍ではないから美味しいわよ happy01 と芳美さん

たしかに おいひぃ lovely

器はアルザス焼きだそうだ いいなぁ これ (^。^)

ワインはコート・デュ・ローヌ 99年に変わって

お次は‥

Img_4588

ロドフルが焼いてくれたマグレー鴨

シンプルな味付けだそうで

こんがり焼けた表面に自然塩と胡椒がからまってて美味しい

焼き加減もジューシーで鴨の旨味がでておりました

やっぱりフランスでは鴨の付け合せは栗?

ほっこりしててこちらも美味

食事が終ると、もう陽が陰って涼しくなったテラスでデセールを頂く

Img_4589

Img_4590

もちろんこれもパティシェ、ロドルフがお店で出しているもの

ショーケースから好きなものを選ばせていただきました

ミルフェーユはピスターシュのクリームでとても美味しかったです

お二人の友人 ドイツ人の料理写真家さんも交えて

フランス語、英語、日本語 まぜこぜ会話が弾む

ケビン このドイツ人の写真家さんと意気投合してしまったようです (#^.^#)

ジャーダン好きのオヤジ(失礼)って感じの楽しい方でした

実はすごい有名料理家の写真を撮っている方なんですよ

Img_4591

あっという間に時間が来てお別れの時

最後の最後にまた素晴らしい思い出を作ってくださってありがとうございました

こんな心のこもったもてなしを受けれるなんて思ってもいなかったの

ちびた本当に感謝です

そして 日本へ来たら是非、また一緒にお食事しましょうと約束をしてアパートメントを後にしました

急いでホテルへ戻ると予約しておいたタクシーがちょうど来て

ぎりぎりのタイミングでロワシー空港へ

そして、帰りはスムーズに日本へ向かいました

かわいかった芳美さんとロドルフの愛娘 まだbebeちゃんだけど

今度会えるときは大きくなっちゃってるんだろうなぁ

いつか、本当にロドルフの田舎、ノルマンディにご一緒できたらいいなぁ

そんなことを夢見ながら ガラガラの機内 4席分陣取って毛布5枚で巻き巻きしながらミイラのように眠ったら 成田に着いてしまいました。

私たち無事に10年を迎えられたのも回りにいる方々の大きな力の元だと思います

日々、感謝しながらまた10年20年とケビンと歩んで行きたいと思います

帰国後 少しバタバタしそうなので

イタリア報告は そのうちに ゆっくりと

ヨーロッパタイムでお待ちください

無事に帰国した ケビン&ちびた より (^。^)

|

« ホテルの部屋から‥ | トップページ | 思うこと‥ »

コメント

ちびたサン、お帰りなさい、
素敵な素敵な10周年になりましたね。
この幸せが、20年、先30年先にと続くことをお祈りします。
ケビンとの仲むつまじい様子が、羨ましくもあり、
ちょっぴりむかつくようでもあり(爆)嘘嘘!lovely
本当は こんな素敵なご夫婦が居ることが嬉しい。

毎日素晴らしい写真でヨーロッパの風を感じさせていただきました。ありがとう。
ゆっくり休んで疲れをとってくださいね。

投稿: 御局様 | 2008年5月 5日 (月) 07時55分

ちびたですeye

お局様
ただいま~ かえって来ました
>この幸せが、20年、先30年先にと続くことをお祈りします。

はい 目標はお局様ご夫婦のおとんとおかんです
頑張ります (^。^)

投稿: ちびた | 2008年5月 5日 (月) 09時12分

ちびたさん
パリの報告楽しく読んだわ。
楽しそうだったね。
単なる旅ではなく、ちびたさんの思い出の人たちにも
会って。。
ケビンもちゃんと楽しくそれに同行してくれるところがいいね。
私も今年が結婚10周年。
お互いいつまでも仲の良い夫婦でいたいね。

落ち着いたら、イタリアの報告まってまーーーす。

投稿: じんじん | 2008年5月 5日 (月) 09時51分

ホントホント、ムカつくわ!
嘘です(笑)

ちびたさん、ケビンさん、お帰り~☆
体調はいかがですか?
とっても楽しげな旅行記をありがとう。
ケンカしなかった?(笑)

素敵なお呼ばれ、10周年のいい思い出になったね!
そして、また新しいParisの記憶も加わりましたね。
これからもケビンさんと仲良く、
いつまでも可愛いらしい奥さんでいてくださいね☆


投稿: Hana | 2008年5月 6日 (火) 00時15分

ちびたですeye
じんじん Hana ありがとう
時差ボケで眠れず書き上げました

旅の疲れは2~3日後にでそうです

今日は朝から洗濯物と戦い午後は実家へ行って来ました
明日でGWも終わりですね
いつもの日常が戻ってきます
また一日一日大切にみなさん がんばりましょう (^。^)

投稿: ちびた | 2008年5月 6日 (火) 00時50分

ちびたですeye
>ケンカしなかった?(笑)

したよ~
イタリアまではよかったけどね
パリの最初の夜
やっぱりパリは女友達と来るところだと痛感したわ
パリが(都会が)すきではないケビンだったけど
最後に芳美さんとこで良くしてもらって気分良く帰れてよかったわ(^。^)

私としては、消化不良のパリだったけど
まぁ あまり動き回らなかったから疲れなくてよかったのかも
そんなとこです (#^.^#)

投稿: ちびた | 2008年5月 6日 (火) 12時52分

ケンカしちゃったんだ(笑)
ケビンさんきっと疲れてたのね。

一般にParisは女同士で行くところみたいね。
彼と行ったら話が合わなかった・・との声多数です。
たまにはのんびりなParisも良いんじゃない?

>最後に芳美さんとこで良くしてもらって気分良く帰れてよかったわ(^。^)
ほんとね!
素敵な皆さんと、素敵な時間を過ごしましたね☆

投稿: Hana | 2008年5月 6日 (火) 21時08分

ちびたさん、おかえりなさい。

往路からトラブル発生で終始平穏無事とはいかなかった様ですが、そんなハプニングも併せて素敵な記念旅行になったのではないでしょうか?
旅の記録、イタリア編も楽しみにしてますhappy02

> やっぱりパリは女友達と来るところだと痛感
> 一般にParisは女同士で行くところみたいね

えっ、そうなんですかsign02
そう言えば、私も新婚旅行で最後に訪れたのがParisでしたが、夫の感想は「あんまり好きじゃない」でしたっけ…weep
個人的にはLondonの方が好みではありますが、Parisも素敵だと思ったけどなぁ…。

いつかもう一度訪れてみたいと思ってますが、その時の同行者に夫は選んじゃ駄目って事でしょうか?coldsweats01

投稿: Erica | 2008年5月 7日 (水) 00時13分

ちびたですeye

>夫は選んじゃ駄目って事でしょうか?

う~ん 目的によるんじゃないかな?
美術館や名所を見て回るならきっと二人でも楽しいとおもう
ちびたの場合はお買い物したかったからねぇ
どこでも付き合うよって言ってくれたけど
どこでも!の線引きがわからない
どこでまた機嫌が悪くなるのやら…。(^.^;)
気を使いながらお買い物してもたのしくないし
いいやぁ 別にぃ って思っちゃう

お買い物が好きなダーリンだったらきっと問題ないでしょう(^。^)

投稿: ちびた | 2008年5月 7日 (水) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホテルの部屋から‥ | トップページ | 思うこと‥ »