« 世界遺産の街 アマルフィ | トップページ | その土地の美味しいものを‥ »

2008年5月10日 (土)

アマルフィ 2日目

4月27日(日)

Asayake

おはようございます

静かに朝がやってきました

今日も良いお天気のようです

Luna_1

昨夜はたっぷり寝たので

今日は元気いっぱい

ゆっくりとアマルフィの街を楽しむことにします

Lunal

Lunal_9

ホテルのメインダイニングと

朝食が頂けるお部屋

ここからも海の眺めが素晴らしい

Lunal_20

Asa_2 Asa_1

ビッフェスタイルの朝食

美味しい生ハムに甘いパンをチョイス

上の貝殻のような形のパンは「スフォリアテッレ」と言って

昔、ちびたもパン教室で作りました

ここアマルフィの修道院で作られたのが始まりだとか‥

サクサク軽い感じに見えますが 実はけっこう硬くて食べ応えがあります

中はカスタードやリコッタチーズが入ってます

食後はホテルの中庭で一休み‥

Luna_5

Luna_4

Luna_6

Luna_16

Luna_8

Luna_10

部屋へ戻るとお日様が眩しいほどテラスを射していた

Luna_14

でも、風は冷たくて気持ちがいい~heart04

M_4

テラスからは港を行き来する船が見えます

ここからはナポリやソレント

アマルフィ海岸の始まりと終わりの街 ポジターノやサレルノ 

そしてカプリ島行きの船がでています

Mado_4

今日は山の上の街「ラヴェッロ」へ行く予定だったけど

もう車での移動も疲れるのでやめにして懐かしいアマルフィの街でゆっくりすることにした

街の広場にでる大きな通りではなくて

今日は小さな路地からせめてみることにした

K_1

K_6

昼でも薄暗い細い路

突然広場に出るかとおもえば また 路はいくつにも別れ

同じ広場へと戻っていく

K_28

階段をずっと登っていけば

山の頂上へでるのだろうか。。。

K_32

アマルフィのもうひとつの名産が

天然繊維を使った手漉きの紙 アマルフィペーパー

海洋王国時代に栄えた製紙業の博物館が広場から山に向かって1kmほど登ったところにある

Muse_1

Museo della Carta

英語のガイド付きで中を案内してくれた

Muse_2

Muse_3

K_8

ショップには素敵な紙の製品がいっぱい並べられてたけど

こちらは写真撮影禁止だった

残念

記念にレターセットなどを買い込んで博物館を後にした

再び広場へ戻り

次は、かわいらしいアマルフィの看板たちと

土地の名産、レモンチェッロ(レモンリキュール)や 

とうがらし等を売るお店を紹介しましょう (^。^)

K_31

K29

K_27

K_15

K28

K_14

K_24

K18

K19

K20

K22

つづく‥

|

« 世界遺産の街 アマルフィ | トップページ | その土地の美味しいものを‥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界遺産の街 アマルフィ | トップページ | その土地の美味しいものを‥ »